« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

柏陽高等学校第27回定期演奏会

柏陽高等学校第27回定期演奏会
平成20年3月30日
18時30分~
鎌倉芸術館
無料

第一部
序曲「春の猟犬」
古祀
歌劇「トゥーランドット」より

第二部
BACK TO THE FUTURE
ジャパニーズ・グラフィティⅩⅠ
NHK大河ドラマ「風林火山」メイン・テーマ
スーパーカリフラシリスティックエクスピアリドーシャス

第三部
バレエ音楽「ペトルーシュカ」

アンコール
宝島


昨日に引き続きの鎌倉芸術館です。
いやあ、しかし、開場前の列の整理が非常にいい加減で全くなっとらんよ。
警備のおじさんがイライラしてたわ。
私もむかつきました。

第一部
春の猟犬、よかったなぁ。
去年より上手いな。綺麗な音が出てました。
トゥーランドットは抑えめのテンポで浪々とした演奏だったわ。

第二部
シンデレラのストーリーを織り込んでの曲紹介劇。
相変わらず面白かったな。皆さん吹っ切れてるのがいいよな。
演奏もしっかりしていて安心して聴けた。

第三部
いやあ、大曲をこなした。って感じだったな。
ピアノの子は去年ラプソディーインブルーを弾いた子かな?上手いね。
強打の連続で指が痛そうだったけど大丈夫だったかな?

アンコール
またまたの宝島。
なんか達成感に満ちた華やかな演奏でした。

う~む、
開場前のくだりがなければ非常にすばらしい演奏会だったのになぁ。
来年以降の改善に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立秋葉中学校吹奏楽部第3回定期演奏会

横浜市立秋葉中学校吹奏楽部第3回定期演奏会
平成20年3月30日
14時~
横浜市栄公会堂
無料

第1部
ソロ演奏
Good-bye days      アルトサックス
さんぽ            チューバ
人生のメリーゴーランド クラリネット
青春の扉          マリンバ

ディズニー・クラシックス・レビュー
アップルマーチ
SEA OF WISDOM

第2部
天体観測      
Show time!    
パイレーツ オブ ザ カリビアン

アンコール
THE SEVENTH NIGHT OF JULY ~TANABATA~


さてと、昨日に引き続き本日も2公演です。
知らなかったのですが、横浜栄区民吹奏楽団常任指揮者の
廣瀬康二氏が指導しているようです。
今年度で3年目、今年度初めてフェステティバル部門で県大会に進出したそうです。
定期演奏会も3回目と言うことは、廣瀬氏が始めたんですね。

第1部
ソロ演奏
アルトサックスはカチカチだったなぁ。
チューバはピアノの伴奏で。
最初音が出なくて残念だったな。
コンクールじゃなくて自分たちの演奏会なんだから最初からやり直してもよかったな。
クラリネット頑張ってたね。
マリンバは譜面台も一緒に鳴っちゃって可哀相だったな。
リハーサルの時は大丈夫だったのかな?

さて合奏の方は、吹きっぱなし、叩きっぱなしって感じで
お世辞にも上手いとは言えない演奏なんですが、
なんだか雰囲気がとてもいいんですね。

SEA OF WISDOMは清水大輔氏の作品で
指揮者との関係で発表前に譜面を貰って練習を始めたんだとか。
そう言えば、栄区吹は清水氏に何曲か委嘱しているね。

第2部
天体観測は3年生のみによる演奏。
人数が少なくて大変そうだったな。・・・放し感が強く出ちゃったな。
Show time!はコンクール曲で、コンクールと同じ構成での演奏。
まだまだな演奏だけど、何故だか可能性を感じるんだよなぁ。

アンコール
指揮者も言ってましたが、TANABATA、難しい曲ですが頑張ってました。

いやあ、なんかいい演奏会だったなぁ。
この雰囲気を忘れずに頑張ってね。
応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山手学院吹奏楽部第20回定期演奏会

山手学院吹奏楽部第20回定期演奏会
平成20年3月29日
18時~
鎌倉芸術館
無料

第Ⅰ部
ブライアンの休日  高1生以下
セドナ          中学生
オリエント急行     高校生

第Ⅱ部
アルセナール OB,OGとの合同演奏
祝典のための音楽
プルシス

第Ⅲ部
ジャパニーズグラフィティーⅩⅡ
ウィ アー オール アローン
コーラスライン・メドレー
ライオンキング

アンコール
洋楽の歌~演奏(凄くポピュラーな曲だけど洋楽音痴なので題名がわかりません)
宝島


ふ~。
川崎から急いでやって来ました。
駅から早足でピュ~っと、着席したとたん暗転して開演となりました。

第Ⅰ部
ブライアンの休日は高校1年生以下の演奏でした。
ってことは課題曲なのかな?
今まで聴いた来年度の課題曲はブライアンの休日が多かったな。
みんなその通りの選曲だと、来年の課題曲はブライアンだらけだな。
「オリエント急行」は人気ですね。3回目かな?

第Ⅱ部
20回記念ということでOB、OGを交えて。
インタビューされてたOBも言ってましたが、
20年って聞くと凄く昔だけど、ホントこの前のことだよなぁ。

第Ⅲ部
ジャパニーズグラフィティーⅩⅡは何度聴いても
ヤマトのくだりでゾクッとするな。
コーラスライン・メドレーは第1回定期演奏会で演奏した曲だそうです。

アンコール
英語の歌から演奏。
そして、おなじみの宝島で終演。
最後の曲はどこも好演ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市立東橘中学校吹奏楽部 第7回定期演奏会

川崎市立東橘中学校吹奏楽部 第7回定期演奏会
平成20年3月29日
14時30分~
川崎市教育文化会館
無料

第1部
Light of My Soul
憧れの街
楽劇「サロメ」作品54より 七つのヴェールの踊り

第2部
SUMMON THE HEROES
なつメロセレクション 2008
千の風になって
東京ディズニーシー組曲

第3部
「タイヨウのうた」メドレー 歌:白鳥マイカ
スター
交響詩「ローマの祭り」

アンコール
オーメンズ オブ ラブ


本日も2公演でございます。
橘高校以来2回目の会場です。
相当古いですね。改装の予定があるようです。

第1部
コンクール曲の部ですね。
企画意図は分かりますが、
やはり1曲目は華やかな曲で幕開けして欲しいなぁ。

1曲目がB編成で出場した曲。
2,3曲目がA編成の曲です。
コンクール曲はやはりコンクールの時の方が出来がいいですね。

第2部
全体を通してやけにさらっとした演奏で
あれっ??っと拍子抜けしてしまった。
東京ディズニーシー組曲は客演指揮の志村健一氏が振ってた。確か。

第3部
「タイヨウのうた」は白鳥マイカの歌がありました。
客演指揮者の繋がりなのかな?
もう1曲、これは弾き語りで「スター」。
トワ・エ・モアの娘もこんなに大きくなってるんだなぁ。

そして、志村健一氏が振った「ローマの祭り」全曲。
う~む、この定演はこれに全てが注がれてたんだなぁ。
立派な演奏でした。

アンコール
席を立つタイミングを逸してしまって、オーメンズ オブ ラブまで聴きました。
ローマの祭りの余韻を残したままの勢いのある演奏だったな。

卒業生紹介を背中で聞きながら会場を後にしました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立本郷中学校吹奏楽部 第17回定期演奏会

横浜市立本郷中学校吹奏楽部 第17回定期演奏会
平成20年3月26日
18時~
関内ホール
無料(要整理券)

Ⅰ部
マーチ・エイプリル・メイ
ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス
歌劇「トゥーランドット」より
歌劇「イーゴリ公」より ダッタン人の踊り

Ⅱ部
トランペット吹きの休日
クラリネット・キャンディ
マジック・スライド

Ⅲ部
サタディ・ナイト
パイレーツ・オブ・カリビアン
ジャパニーズ・グラフティ Ⅴ
マンボNo.5

アンコール
エル・クンバンチェロ


ふ~、
初めての運営者側の定演。いろいろと勉強になりました。

Ⅰ部
最初の2曲はウィンターフェスタで1,2年生で演奏した曲を3年生を交えて。
まずまずの出来でしたが、頭が合わないのは伝統になりつつあるな。
トゥーランドットは1,2年生のみの演奏でしたが、まだまだこれからですな。
3年生が戻ってのダッタン人は練習不足でしょう。

Ⅱ部
トランペット、クラリネット、トロンボーンのソリコーナー。
トロンボーンが上手くなってるなぁ。

Ⅲ部
サタディ・ナイトは3年生による踊り、
パイレーツ・オブ・カリビアンは劇付きで。
3曲目は昭和50年代のレコ大歌謡曲メドレー。
そして、1,2年の演奏するシングで3年生紹介、
続いて、旅立ちの日にで花束を。
マンボNo.5は涙を引きずり気味だったな。

アンコール
エル・クンバンチェロはまずまず勢いのある演奏だったけど
打楽器~、もっと楽しそうにやろうぜ~。

は~、一年が終わったかぁ。
早いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜翠嵐高校吹奏楽部 第36回定期演奏会

横浜翠嵐高校吹奏楽部 第36回定期演奏会
平成20年3月23日
18時~
神奈川県立音楽堂
無料

第1部
音楽祭のプレリュード
ブライアンの休日
ドラゴンの年

第2部 テーマステージ!「ドラマ・映画」
ウェスト・サイド・ストーリー・メドレー
「踊る大捜査線」ハイライト
September
タイタニックメドレー

第3部
ジャパニーズグラフィティⅩⅠ
青銅の騎士
美女と野獣
サウス・ランパード・ストリート・パレード

アンコール
ウィー アー オール アローン
エル クンバンチェロ


お隣の青少年センターのホールでは岡津高校の定期演奏会もあったようです。
会場の30分前には人が並び始める盛況ぶりでした。

翠嵐高校は初めて聴きました。
部員構成は1,2年生のみで、
この定期演奏会は2年生の引退演奏会のようです。
進学校皆は2年で引退ですねぇ。

開演前にロビーでウェルカムコンサート。
金管とサックスのアンサンブルがありました。

第1部
音楽祭のプレリュードはいい曲だねぇ。
まずまずまとまった演奏です。

第2部
映画&ドラマがテーマで、パート毎でいろんな題材のコスプレで登場。
そして、非常に微妙なパート紹介。
笑いのポイントが高尚だわ。

第3部
曲目は第2部を引きずり気味。

アンコール
軽く2年生を紹介。
最後のエル クンバンチェロは勢いがあって良い演奏だった。

終演後はお見送りをしていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平戸中学校吹奏楽部 第6回定期演奏会

平戸中学校吹奏楽部 第6回定期演奏会
平成20年3月23日
13時~
関内ホール
無料

第Ⅰ部
CACCIA
エアーズ
バレエ組曲「三角帽子」より「終幕の踊り」
イーストコーストの風景より Shelter Island、The Catskills、New York

第Ⅱ部
打楽器六重奏 「Seal Speak」
木管七重奏 小組曲 「行列」「バレエ」
金管九重奏 「高貴なる葡萄酒を讃えて」よりⅣ・Ⅴ

第Ⅲ部
パイレーツ・オブ・カリビアン 「ワールズ・エンド」
シンクロBOM-BA-YE
チャーリーとチョコレート工場より 「Wonka's Welcome Song」
タイタニック・メドレー
蕾 ~吹奏楽部卒業式~
ウィー アー オール アローン
インディージョーンズ・セレクション

アンコール
オーメンズ オブ ラブ
星条旗よ永遠なれ


本日は忙しいわ。
実はここに来る前に30分のステージを見学、そして次に翠嵐の定演に行くのです。
開演が13時ということで、近所の天吉で天丼を食べてから行ったのよ。
タレが甘くなくて美味しかったなぁ。

第Ⅰ部
会場はザワザワ気味。司会進行も不慣れな感じでした。
この2点は演奏会では非常に大事ですね。
全体の印象が決まってしまいます。

全体的に3年生が力不足の印象だったな。
入試から戻ってからの練習不足かなぁ。
3曲目の三角帽子は1,2年生のみによる30人に満たない演奏だったけで、
全体での演奏より良かったわ。
打楽器に1人上手い子がいて、プログラム見たら1年生なんだね。ビックリです。
なにやっても上手いんだよなぁ。終演までずっと追いかけちゃったわ。

第Ⅱ部
アンサンブル3曲でした。
葡萄酒はちょっときびしかったかな。
でも、コンテストでは金賞とのことなのでやはり3年生の力が戻ってなかったんだろうな。

第Ⅲ部
映画音楽特集ですね。
4曲目終了後にプログラムにはなかった卒業式が。
1,2年生の演奏による蕾をバックに、
3年生一人一人を呼び上げて、卒業証書&花束の贈呈。
そして、全員でウィー アー オール アローンの演奏。
プログラムに戻ってインディージョーンズでⅢ部終了。

アンコール
音が戻って来ていないのかは不明ですが、
全体的に弱奏が綺麗ではなかったな。
アンコールの2曲は勢いのある曲で良かったな。

舞台と観客出口が反対サイドのホールのため
お見送りに現れるまで時間がかかるんだなぁ。

夏のコンクールの楽しみがひとつ増えたかな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

横浜市立戸塚高等学校吹奏楽部 第25回定期演奏会

横浜市立戸塚高等学校吹奏楽部 第25回定期演奏会
平成20年3月22日
16時30分~
横浜みなとみらいホール
500円

Ⅰ部クラッシックステージ
Fanfare “S-E-A”
マーチ「晴天の風」
FANTASY ON JAPANESE FOLK SONG
DIVERSIONS
DAPHNIS ET CHLOE

Ⅱ部ステージドリル
「The PARFORMANCE for you ~あなたに笑顔を~」

Ⅲ部ポップスステージ
Highlights from EXODUS
WHO'S THAT MASKED MAN?
ディスコパーティー
RHAPSODY FOR CONCERT BAND and JAZZ ENSEMBLE

アンコール
オーメンズ オブ ラブ


おそらく今シーズン最後のおでんの仕込みをしてから出発。
例によって、ビール&ワインで開演までの時間をまったりと待つ。

Ⅰ部
客席2階両サイド&正面に陣取ったトランペットによるファンファーレから演奏開始。
いやあ、格好良かったなぁ。ホールに響き渡って鳥肌ものだったねぇ。
マーチ「晴天の風」の演奏は初めて聴いたので新鮮だった。
3曲目のFANTASY ON JAPANESE FOLK SONGは砂山が主題になっている曲で
横浜市立高等学校音楽会?でも聴いたけど、ホールも相まってか、良かったなぁ。
えっと、基本的に感想が「良かった」しかなくてすいません。
どう良かったのかを表現出来る力が無いもんで。

Ⅱ部
アフリカンシンフォニーから始まるステージドリル。
途中に歌を挟んだ構成でした。
生徒だけで作り上げている、戸塚高校の伝統?だそうです。
アンコールの時に顧問の先生も言ってましたが、
やはりドリルが非常に中途半端です。
先生はミュージカルにしたかったらしいのですが、
生徒とのジャンケンに負けて今年もステージドリルだっただそうです。
歌を挟んだ構成や演奏、歌はやかっただけに
やるんだったら、ドリルをもっと練習してほしいです。

Ⅲ部
えっと、良かったです。
オペラ座の怪人はヒーローではないのでは?
と家人が言っておりました。

いい演奏会だったな。
惜しむらくは、席が端っこだったので
もっと中央で聴きたかったなぁ。
来年のドリルに期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日大藤沢ウインドオーケストラ第25回定期演奏会

日大藤沢ウインドオーケストラ第25回定期演奏会
平成20年3月20日
18時~
鎌倉芸術館
無料

一部
オリエント急行
吹奏楽のための「深層の祭」
バレエ組曲「ガイーヌ」より 序曲、友情の踊り、アイシエの孤独、剣の舞、収穫祭

二部(吹奏楽友会と現役生による合同バンド)
校歌
ゴッドスピード!
エルサレム賛歌

三部
ディスコ・パーティーⅢ
テキーラ
リトル・マーメイド・メドレー
ウィ アー オール アローン
ディープ・パープル・メドレー

アンコール
う~ん、曲名が思い出せない。


鎌倉芸術館はいつもは2階で聴いているのですが、
今回は試しに1階の屋根下に入ってみました。
やっぱ、音が前からしか聞こえてこなくて2階の方が断然いいですね。

一部。
無難な演奏でした。
オリエント急行はちょっと単調になっちゃったかな。

二部。
通常二部は楽友会のみの演奏なんだそうですが
本年は創部50周年、定演25回記念と言うことで合同バンドになったそうです。
昭和時代に卒業なんて方も沢山おられて、なんかうらやましかったなぁ。

三部。
全員カラフルなカツラ?を被っての登場。
ディスコ・パーティーⅢを元気良く演奏。
次のテキーラではパート紹介。
リトル・マーメイド・メドレーをはさんで、
在校生のウィ アー オール アローンで
卒業生一人一人に指揮者からお花。
そして、本年度影響を受けたという、川崎市立橘高校の十八番
ディープ・パープル・メドレー。
振り付けも同じだったかな。
いまいち影響を受け切れていない若干ためらい?の残る演奏でしたね。
アンコールの曲はよく知っている曲だけど曲名が出てきません。

全体的に話が長かったですね。
もう少しテンポがあった方が私は好きですね。
曲の説明はパンフに書いてあるんだし。

目標の東関東大会出場に向け頑張れ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立上永谷中学校吹奏楽部第13回定期演奏会

横浜市立上永谷中学校吹奏楽部第13回定期演奏会
平成20年3月20日
15時~
関内ホール
無料

第1部
語り継がれる栄光
たなばた
アルメニアンダンス パートⅠ

第2部
組曲「水上の音楽」
組曲「惑星」より 火星、木星

第3部
ディズニーランド セレブレーション
映画「ジュラシック パーク」より
津軽海峡冬景色
A列車で行こう
スパニッシュ フィーバー


雨の中行ってまいりました。
全体的な印象は、
もう少し上手に演奏出来そうなのになぁ。
ですね。
打楽器はもっと頑張ろう。
あんまりまとまってないのかなぁ?
なんかきっかけがあったら伸びそうな感じだけどなぁ。

客席もざわついていて緊張感がなかったし。
保護者会?の方達は頑張っているみたいなのにな。

次への移動の為、
ジュラシックパークを聴いて失礼させて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公文国際学園中・高等部吹奏楽部 第12回定期演奏会

公文国際学園中・高等部吹奏楽部 第12回定期演奏会
平成20年3月16日
13時30分~
鎌倉芸術館
無料

第1部
パストラーレ
ルバイヤート~クラリネットと吹奏楽のために~
ブライアンの休日
パンチネルロ~ロマンティック・コメディーへの序曲~

第2部
音楽劇「Fellowship」

第3部
嗚呼!
3つの交響的素描「海」より 「風と海との対話」
ドラゴンの年

アンコール
歌劇「ガヴァレリアル・スチカーナ」より
ウエストサイドストーリーより アメリカ
蛍の光行進曲


いやあ、鎌倉芸術館は良いホールですね。
ホントいい音が鳴るわ。
息子の吹奏楽部もここでやってほしいなぁ。

さてと、公文です。
進学校らしく生徒は中1から高2までで、
この定期演奏会は高2の引退演奏会のようです。

第1部2曲目の曲は指揮者による作曲でクラリネット独奏曲です。
ちょっと荷が重い感じでしたが一生懸命吹いておりました。

第2部音楽劇。
伝統的に仲の悪い木管パートと金管パート。我関せずの打楽器パート。
そんな中、部長のチューバが紛失する。
犯人は?目的は?という内容。
各パート&引退生によるアンサンブル、
ステージドリルを交えながらの45分に及ぶ熱演。
非常に楽しかったです。

最後は引退生が呼ばれて下級生から花束。
下級生の演奏する「蛍の光行進曲」で退場でした。

演奏は全体的にpとfしかないという感じ。
管と打のバランスも良くなかったな。
もう少し押さえ気味でよかったなぁ。
特に打楽器は。
ノリノリのポップスを聴きたかったな。という演奏でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習志野市立第五中学校吹奏楽部第14回定期演奏会

習志野市立第五中学校吹奏楽部第14回定期演奏会
平成20年3月15日
13時~
習志野文化ホール
無料

第一部
マーチ「光と風の通り道」
第六の幸福をもたらす宿
マ メール ロア
交響詩「ローマの噴水」

第二部
合唱 With You Smile
    虹
独奏 ファンタジー
アンサンブル
    熊蜂の飛行         打楽器六重奏
    天使の死          クラリネット八重奏
    ダフニスとクロエ      フルート八重奏
    ニューヨークのロンドン子 金管八重奏

第三部
ディスコ パーティー
宝島
ユーロビートディズニーメドレー
合唱 この地球のどこかで
ダンシング メガヒッツ
きらっとサンバ

フィナーレ
合唱 夜の歌


津田沼まで遠征に行ってきました。
さすがにコンクール全国大会金賞&アンサンブル全国大会進出だけあって上手いですね。
東関東大会で聴いたときはビックリしたもんなぁ。
プログラムは、コンクールやアンサンブルで聴いたことがある物が殆どでちょっと物足りなかったですね。
「ダフニスとクロエ」はハープを、「ニューヨークのロンドン子」ではドラムを加えたりして工夫はしてましたが。
サックス独奏は上手いですね。

第3部の曲はあまり練習してないのかなぁ?って感じでしたね。
特に宝島はバラバラに聞こえたなぁ。
まだ、アンサンブル全国大会も残ってるんだもんなぁ。大変だわな。

フィナーレはアンコールはなく、合唱で暗転、緞帳。
と今までに見たことがない終わりかただった。

終演後は出口で部員が整列してお礼を言っておりました。
いつ、どこで見ても良い光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ブラスオルケスター第9回定期演奏会

横浜ブラスオルケスター第9回定期演奏会
平成20年3月9日
13時30分~
横浜みなとみらいホール
S席:1,200、A席:1,000円

第1部
音楽祭のプレリュード
シェナンドゥーア
交響的情景「地底旅行」

第2部
~スペシャルゲストにマリンバ奏者の高田亮氏をお迎えして~
ティコティコ
プリズム・ラプソディ

アンコール
アルハンブラ宮殿の思い出

第3部
グランドトリオ 作品87(木管3重奏)
八重奏曲より第2楽章(サクソフォン8重奏)
「ダフニスとクロエ」第二組曲 夜明け 無言劇 全員の踊り

アンコール
Cavalleria rusticana
ディープパープルメドレー
星条旗よ永遠なれ

13時~ロビーコンサート
ホルン5重奏、ユーフォニアム5重奏、フルート6重奏、トロンボーン6重奏


いつものようにロビーでビール&ワインを飲んでおりますと
ロビーコンサートが始まりました。
いやあ、いい感じで飲めましたねぇ。

さて、第1部です。
オープニングの「音楽祭のプレリュード」は明るく爽やかな感じでよかったなぁ。
続く2曲は、音は綺麗なんですが平板な感じがして眠くなった。

第2部。
本日のお目当て高田亮氏の登場です。
川崎市立橘高等学校等での指揮は見たことがあるのですが、マリンバの演奏を聴くのは初めてです。
家人がファンでして、「川崎に引っ越すか」(息子を橘高校に入れるために)とまで言っておりました。
演奏はやはり上手いですねぇ。他のマリンバ奏者を聴いたことが無いので上手さの度合いは分かりませんが。
比較的近くで見ていたので、マレットの持ち方なんかも良く見えて、いろいろな持ち方があるんだなぁ。と感心しておりました。
アンコールの「アルハンブラ宮殿の思い出」(独奏)は凄かったなぁ。
あんなトレモロが出来るんだなぁ。マリンバの演奏ってのを知らなかったのでビックリしました。

第3部。
はじめの2曲はアンサンブル。
やっぱ上手いね。
2曲目はアンコンの全国大会に進出した組の演奏でした。
そして、最後の「ダフニスとクロエ」ですが、
1部の時も感じたんですが、音は綺麗なんですが凄く平板に聞こえるんだよなぁ。
重厚感が無い。っていうのかなぁ。

アンコール。
1曲目は「Cavalleria rusticana」で静かで綺麗に終了したのですが、
んん?なにやら橘高校の生徒達がぞろぞろとステージ上に、
すると、登場しました、真っ赤な衣装に黄マントの高田亮氏。
2曲目は高田氏の指揮による、橘高校吹奏楽部を交えての橘定番ディープパープルメドレーでございました。
最後は、橘高校の生徒が通路に並んでの「星条旗よ永遠なれ」。
元気に明るく終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »