« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

県立逗子高等学校吹奏楽部定期演奏会#35

県立逗子高等学校吹奏楽部定期演奏会#35
Friendship Festival '08
平成20年4月29日
15時~
横須賀芸術劇場
全席自由500円

Part1 逗子高校吹奏楽部の演奏
マーチ「晴天の風」
セリオーソ
吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」

Part2 超世代によるバンドセッション
《チャリティー・バンド・セッション》
山バンド(逗子高・逗子中・沼間中・久木中・南下浦中・鎌倉第二中)
ボギー大佐
日本民謡メドレー
緑バンド(逗子高・大津中・大楠中・葉山中・南郷中・金沢中・富岡東中)
旧友
Mr.インクレディブル
《コーラス&アンサンブル・セッション》
「日本の恋歌」(池子音楽愛好会・池子の森少年少女合唱団・セシリアピアノ教室・逗子高校演劇部)
蘇州夜曲
宵待草(BGM)
カチューシャの歌
ゴンドラの歌(BGM)
いつか王子様が
美女と野獣(BGM)
一杯のコーヒー
りんご追分(BGM)
サッちゃん
きみとぼくのラララ
初恋(BGM)
おさななじみ

Part3 吹奏楽、Show Choir & トロンボーン独奏
-Show Choir -
Dancing In The Street~Oh Happy Day~Obe To Joy
茶色の小瓶
-吹奏楽演奏-
フロレンティーナ
-ゲストを迎えて-トロンボーン独奏:倉田 寛 氏
愛の想い(コンサートのためのワルツ)
誰も寝てはならぬ
オー・ソレ・ミオ
When You Believe (ゴスペル)
サンバ・デ・アイーダ

アンコール
山緑
翼をください


逗子高校は1月の定演に続き2回目です。
春の定演はFriendship Festivalということで
地域を巻き込んだ演奏会とのことだったので楽しみに出かけてまいりました。

Part1
まずは、2008年課題曲2曲で幕開け。
「晴天の風」と「セリオーソ」は別のチームによる演奏。
「晴天の風」チームはまずまずだったけど、「セリオーソ」チームは散々だったなぁ。
チーム分けはどうなってたのかなぁ?
「日が昇るとき」は間延びしてたな。

Part2
いよいよ地域を巻き込んだパート。《チャリティー・バンド・セッション》
逗子高を二つに分けて、それぞれにOB&周辺中学校数名ずつを加えた2チームによる対決。
演奏後、投票により勝敗をつけるという趣向です。
両バンドとも2曲目は演出付き。
山バンドはマグロ解体ショー。緑バンドは寸劇&ダンス。
いやあ、しかし両バンドとも凄い演奏だったなぁ。
特に緑バンドなんか誰も指揮見てないし、出だしからバランバラン。
あまりに酷くて逆に楽しかった。
その緑バンドが何故か勝利を収めてました。

《コーラス&アンサンブル・セッション》は
「日本の恋歌」をテーマに、周辺のお年寄りや子供達の合唱に乗せて、その歴史を辿るという趣向。
すばらしい企画ですね。
お年寄りと子供達が一緒に歌っている姿はいいですねぇ。

Part3
Show Choirで幕開け。
1月の定演よりレベルが落ちてるけど代替わりしたんだからしょうがないね。
吹奏楽部がやってるんだからこのあたりのレベルで十分だな。
おまけ?でShow Choir伴奏組による「茶色の小瓶」がつきました。

そして、ゲストコーナーです。
ゲストは神奈川フィル主席トロンボーン奏者の倉田寛氏。
私としては、「定演にゲストはいらない。」派であります。
客は君達を見に来ているのだよ。
君達が主役なのよ。
君達の演奏会なんだから脇に廻ることないのに。
という考えなんですが、
この定演はフレンドシップがテーマだからいいのかな。
しかも、なんだかゲストが色物だったし。
と言うことで、ゲストコーナーは3曲。
「愛の想い」はトロンボーンの演奏だけ?だったんですが、
選曲に?マークが付いていた「誰もねてはならぬ」は
なんと、吹き始めたと思ったらトロンボーンを置いて
独唱を始めたんであります。しかもかなり上手い。
場内やんやの喝采でした。
「オー・ソレ・ミオ」では、独唱の合間にトロンボーンを吹いてたわ。
いやあ、盛り上がりました。

When You Believeはプリンス・オブ・エジプト?の主題歌だそうです。
十戒が背景?のゴスペル。
1月にはもう少し歌が上手い子がいたと思ったけど卒業したんだな、きっと。
あ~、そう言えば「麒麟です。」って言いそうな司会者は卒業しても司会をやってたなぁ。
「サンバ・デ・アイーダ」はその名の通りアイーダのサンバ版。
ノリよく演奏してたけど、ノリ先行だな。

アンコールは
定番の委嘱作品「山緑」。
1年生&OBも参加しての演奏。
しっかし、自分たちの曲なのにも関わらず、相変わらず譜面とにらめっこ。
最後は、中学生、合唱の方達、本日出演した全ての人がステージに上がっての
「翼をください」。
いいですねぇ。

いやあ、想像を遙かに越えた素晴らしい演奏会でした。
一高等学校吹奏楽部の定期演奏会の枠ではないですね。
企画、構成は非常によかったわ。
それに引き替え、演奏の方は酷かったな。
少なくとも指揮は見ましょうよ。皆さん。
分解している曲がいっぱいありましたよ。

さてと最後に、
この演奏会を作り上げてきた顧問の岩田先生は今春異動したそうです。
実に13年間も逗子高校の教員だったようです。
この演奏会では逗子高校最後の指揮を振っていました。
13年間、せっせと水をまいて手入れしてきたこの演奏会、
どのように受け継がれて行くのでしょうか。
見守ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅ヶ崎高校吹奏楽部第31回定期演奏会

茅ヶ崎高校吹奏楽部第31回定期演奏会
平成20年4月27日
14時~
茅ヶ崎市民文化会館
無料

Ⅰ部
WHERE EAGLES SOAR
October
空中都市「マチュピチュ」~隠された太陽神殿の謎~

Ⅱ部 私たちの1年
アフリカンシンフォニー
私のお気に入り
サンタが街にやってくる
春一番

Ⅲ部
COLORS~for Trombone~ 
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」

アンコール
卒業生紹介~旅立ちの日に~
ゲバゲバ90分のテーマ


この演奏会は3月に卒業した卒業生のお別れ会なんですね。
卒業してから1ヶ月後の演奏会、集まるのは大変じゃないのかなぁ?
と言うことで、卒業生はいきなりの高校生コスプレで登場なんですね。

Ⅰ部 オリジナルステージ
WHERE EAGLES SOARで軽快に幕開け。
マチュピチュではパーカッション頑張ってましたねぇ。

Ⅱ部 私たちの1年
ってことで、四季をイメージした選曲なんだとか。
順番に、夏、秋、冬、春だそうです。

Ⅲ部
COLORS~for Trombone~はコーチの府川雪野氏のソロによる演奏。

アンコール
アンコールなのか、プログラムに載ってないだけなのか、Ⅲ部の流れの中で始まった。
旅立ちの日に、の演奏で3月に卒業した生徒の紹介&花束贈呈。
そして、ゲバゲバ。

マチュピチュは初めて聴きましたが、もうちょっと完成度が高いのを聴きたいなぁ。
Ⅱ部でまいた風船が時々割れて聴く邪魔になってましたね。
う~ん、特に目立った演出もなく、さらっとした演奏会だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜立野高校吹奏楽部 第21回定期演奏会

横浜立野高校吹奏楽部 第21回定期演奏会
平成20年4月26日
13時30分~
磯子公会堂
無料

第Ⅰ部
風林火山・メインテーマ
追想~ある遠い日の~ 
かたつむり変奏曲 金管7重奏
ABRAM'S PURSUIT

第Ⅱ部
Me Tarzan ボディパーカッション
Brooms Hilda デッキブラシ
オーシャンゼリゼ 3年生8人アンサンブル

第Ⅲ部
星条旗よ永遠なれ
ピンクレディー・メドレー
魔女の宅急便より 風の丘
美女と野獣

アンコール
エル・クンバンチェロ


金曜日。
今週は暇な週末だなぁ。
と思って適当にネットを眺めていたら発見したので行ってきました。

横浜市は各区にこの規模の公会堂がありますが、
ここは傾斜があって見やすいし、音もいい方ですね。

さてと、
この定期演奏会は3年生の引退演奏会でした。
また、11年間顧問をしてきた先生が今春転勤したそうで、
その先生とのお別れ演奏会でもあったのかな?
この先生は作曲をされるようで、2002年のコンクール課題曲にもなっているんだとか。

第Ⅰ部
17名と少ない編成で、技術的にも上手くはないですが
聴いていてほのぼのとする演奏ですね。
ただスローテンポの曲だとちょっと粗が目立っちゃいますね。
2曲目が前顧問の作曲による、2002年度課題曲ですね。
3曲目は金管パート全員によるアンサンブルでした。
これまた前顧問による編曲です。

第Ⅱ部
1曲目はボディーパーカッション、
2曲目はデッキブラシを使ってのパフォーマンス。
どちらも、演出、演技ともにゆる~い感じでしたが
何故か楽しめました。
3曲目は引退する3年生全員、8名によるアンサンブル。
これまた、ゆる~い演奏でした。

第Ⅲ部
1曲目の星条旗よ永遠なれは元気があってよかったなぁ。
ピンクレディーはこれまたゆる~い演出。
でも、Ⅲ部は全体的に比較的しっかりとした演奏でした。

アンコール
前顧問の思い出話。
OB、OGを交えてのエル・クンバンチェロで締めくくりでした。
お~い、最後なんだからもっと元気に「クンバンチェロ」と叫ぼうよ。

なんだか、全体的にゆる~いんだけど、不快じゃなくて
みょうな纏まりを感じる不思議な雰囲気の演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東学院六浦中学校・高等学校吹奏楽部第14回定期演奏会

関東学院六浦中学校・高等学校吹奏楽部第14回定期演奏会
平成20年4月13日
よこすか芸術劇場
16時~
無料

第Ⅰ部 吹奏楽ステージ
10月のマナ
天馬の道~吹奏楽のために
「管弦楽のための“ジョージ・バーナード・ショー”的素描」より

第Ⅱ部 アンサンブルステージ
歌劇「後宮からの誘拐」よりⅤ、Ⅵ  木弦八
陽炎の舞踏  サックス四
上海Square  クラ五
舞踏組曲~「舞曲集」をもとに  金打七

第Ⅲ部 ポップスステージ
Joyful,Joyful
Hooked on モーニング娘。
POP LOOKS BEETHOVEN
歌姫 美空ひばりメドレー
サウス・ランパート・ストリート・パレード

アンコール
エル・クンバンチェロ


よこすか芸術劇場に行ったことが無かったので行ってみました。
内装がベージュで古っぽく見えますね。
一階客席から階上の出入口の非常口表示灯が沢山見えてちょっと気になったなぁ。
上演中も消灯しないし、なんであんなに沢山出入口があるんだろう?

えっと、演奏の感想ですね。
皆さんバラバラ過ぎ。
もっと纏まって元気にやりましょうよ。
せっかくいい会場使ってるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dream Concert 2008

全日本吹奏楽コンクール出場校による
Dream Concert 2008
平成20年4月6日
13時~
千葉県文化会館
全席自由1000円

東海大学付属高輪台高等学校・中等部吹奏楽部
科戸の鵲巣~吹奏楽のための祝典序曲
セリオーソ
天馬の道
Joiful Joiful (歌)
ラテンスペシャル21!!
  エル・クンバンチェロ、闘牛士のマンボ、コパカバーナ

安城学園高等学校吹奏楽部
ブライアンの休日
SOLAS ANE
モンスターズバラード
Dancing on Moon

幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部
Got to be real
ディズニー・ファンティリュージョン!
バレエ音楽「ロミオとジュリエット」より

市立習志野高等学校吹奏楽部
第一組曲よりマーチ
マーチ「晴天の風」
合唱「あいたくて」
ステージマーチングショー
  ウエストサイドストーリー:マンボ、トゥナイト

合同演奏
マーチ「アルセナール」
ミュージカル「ミス・サイゴン」より

アンコール
小さな世界


会場が今年度の東関東大会の会場、千葉県文化会館と言うことで
下見を兼ねて行って来ました。
く~、東関東大会行けるように頑張ってよ~。

会場の印象は、見た感じは良さそうだったのですが
音はなんだかこもり気味でもっさりと聞こえるんだよなぁ。
一番客席側の反響板が両サイドとも取り付けられていなかったからかなぁ?

本日の司会と言うことで、高輪台の卒業生がいたんですけど
最初の挨拶だけで、あとはずっと高輪台の畠田氏と習志野の石津谷氏の掛け合いだった。
司会者さんをもっと見たかった。

東海大学付属高輪台高等学校・中等部
いやあ、演奏はもちろんが、踊りが上手いねぇ。
Joiful Joiful以下は高輪台の定番ですかね。
相変わらず楽しい演奏でした。
昨年度出来た中等部は1年生8人でコンクールに出たんだねぇ。
頑張ったねぇ。

安城学園高等学校
う~む、初めて聴いたのかなぁ?
音は綺麗で良いんだけど、
なんか、カッチリした演奏っていうか、
聴いていて楽しくない演奏だなぁ。

幕張総合高等学校
ここの部はオーケストラなんですねぇ。
弦の90%が高校生から始めた子達なんですって。
1曲目は吹奏楽&ダンスパフォーマンスでノリノリ。
いいですねぇ。
2、3曲目は弦を交えてのオーケストラ。
例のこもった音の為か弦の音がクリアに聞こえなかった。
いやいや、でもなかなかです。
先般の定演では、バイオリンを動かした(マーチング?)とか。
なんだか見てみたいなぁ。

市立習志野高等学校
う~ん、出し物が中途半端だったなぁ。
ステージマーチングもドリルは地味だし短いし。
いろいろと大人の事情があるそうです。

合同演奏
1曲目が2年生、2曲目&アンコールが3年生による演奏。
このレベルになると、数回会わせただけでそれなりのまとまりになるんですね。

でも、150人の演奏であれくらいの音なんだもんなぁ。
このホール、音は何処に行っちゃうんだろう?

今年度の課題曲が4曲とも聴けたし、楽しい演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立豊田中学校吹奏楽部第16回スプリングコンサート

横浜市立豊田中学校吹奏楽部第16回スプリングコンサート
平成20年4月5日
14時30分~
横浜市立豊田中学校体育館
無料

第1部 クラッシックステージ
威風堂々 第1番
風紋
ラプソディー・イン・ブルー

第2部 ポップスステージ
サザン・サザン・サザン~サザンオールスターズメドレー~
ピンクパンサーのテーマ
私のお気に入り
ホール・ニュー・ワールド
サザエさん・ア・ラ・カルト

アンコール
ハピネス
天体観測


新体育館落成記念だそうです。
総工費は1億2千万円とのこと。
体育館って高いんだなぁ。

この吹奏楽部は秋の定期演奏会と春のスプリングコンサートと
年2回の演奏会を行っているようです。

さて感想ですね。
編成は新2,3年生ということで27名って言ってたかな?
部員不足で困っているそうです。

第1部
打楽器の男子が緊張してたなぁ。
木管低音と弦バスが頑張ってましたね。
ステージに管、ティンパニ、ピアノ
フロアにドラム、鍵盤という配置だったために
ラプソディー・イン・ブルーのピアノソロは奏者が見えない位置だった。
ピアノ以外はフロアに配置した方が良かったんじゃないかなぁ。

第2部
以前のアンケートの結果、観客は10代及び40代が中心と判明したそうです。
そりゃ、10代が友人世代。40代が親世代だもんね。
と言うことで、選曲が親世代になっているようです。
コスチュームもありで、楽しませて頂きました。

アンコール
歌謡曲?2曲の演奏。
やはり、こういう曲の方がイキイキとしてますね。

新入部員が沢山入るといいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜市立万騎が原中学校吹奏楽部第20回定期演奏会

横浜市立万騎が原中学校吹奏楽部第20回定期演奏会
平成20年4月1日
17時30分~
神奈川県民ホール
無料(要整理券)


Ⅰ部
序曲「スラヴァ!」
序曲「春の猟犬」
教会のコラール第11番  高橋典秀作曲
管弦楽組曲「第六の幸福をもたらす宿」
  ロンドン・プレリュード
  ロマンティック・インタリュード
  ハッピー・エンディング

Ⅱ部
吹奏楽のための祝典序曲「科戸の鵲巣」
スクーティン・オン・ハードロック~3つの短いスキャット・ジャズ風の舞曲~
パガニーニの主題による幻想変奏曲

Ⅲ部
服部良一メドレー
サンドペーパー・バレー
ディズニー映画「ノートルダムの鐘」より
  天使が僕に~ノートルダムの鐘
  ゴッドヘルプ(神の救い)
  僕の願い
  トプシー・タヴィー(道化祭りの日)
ルパン三世

アンコール
テキーラ
エル・クンバンチェロ
宝島


いやあ、凄い風だったなぁ。
電車は止まらずに済んでよかったよ。
まあ、ちょっと気になるので行って来ました。

Ⅰ部
全体的に抑えた、あまり弾まずに流れるような演奏ですた。
教会のコラールは毎年定期演奏会に向けて顧問が書く曲ですね。
去年とは曲調がガラッと変わって荘厳な感じの曲だった。
「第六の幸福をもたらす宿」は良かったなぁ。

Ⅱ部
「科戸の鵲巣」は1,2年生のみによる演奏でした。
まだ早いなぁ。と印象。
コンクール曲だとしたら夏までには完成させられるかなぁ。
スクーティン・オン・ハードロックは3年生のみ、30人程度の演奏。
音が綺麗で上手かったな。
3年生と1,2年生は結構差がある感じ。

Ⅲ部
各ソロは非常に上手だわ。
演出は控えめで、踊りがちょこっと手品くらい。
「ノートルダムの鐘」が終わったところで
1,2年の「シング」で3年生紹介、
Tomorrowで顧問と握手&司会による思い出の朗読。
そして1年生?を交えて「3月9日」を合唱。
う~む、もっと元気良く歌おうよ。
ルパン三世はちょっと元気がでてたね。

アンコール
なんと3曲。
聴いた感じでは、順番が逆の方が良かったかなぁ。

雄大で落ち着いた演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »