« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

吹奏楽コンクール 神奈川大会が終わって

うむうむ。
県大会は土日開催もあったので、
高校B・大学、職場・一般、&中学Aを観に行けたわ。

中学Aは、とにかく南下浦の銀賞にはビックリしたなぁ。
どこがダメだったんだろうなぁ?
聴いてて素晴らしい演奏だと思ったんだけどなぁ。
あとはまあ順当なのかな。

中学Bは聴いてないので結果から。
菅田はダメ金だったんだなぁ。
なんかもったいない感じだな。
防災で聴いた感じでは、なんかきっかけがあればよくなると思うんだよなぁ。
平戸は銅なんだなぁ。
今年はどんな演奏だったんだろう?気になるところです。
豊田は銀だったんだ。頑張ったね。
マーチングでは東関東進出おめでとうございます。

高校Aは桜丘が銀だったんだよなぁ。
合宿での食中毒がひびいたかなぁ。
ジョイントで聴いた限りでは戸塚よりいいと思ったもんなぁ。
来年の奮起を期待しております。
やっぱ、創英が頭一つ抜けてるかな。

高校Bは代表校多くてよくわかんないなぁ。
というか、特にめぼしい団体が無かったなぁ。

大学かぁ。
神奈川がお休みだかなぁ。

職場ねぇ。
なんでNECなんだろう?

一般。
う~む。何故にOakが銀。

順当だったり不可解だったり。
それがコンクールなんだろうなぁ。

東関東へ進出した皆さん、頑張ってね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回ジョイントコンサート

第4回ジョイントコンサート
平成20年8月24日
16時40分開演
横浜みなとみらいホール
A席500円

第Ⅰ部 市立横浜商業高等学校
晴天の風
ケルト民謡による組曲
HARRY’S WONDROUS WORLD

第Ⅱ部 市立戸塚高等学校
交響詩「ローマの祭」より Ⅰ、Ⅳ
暗闇に射すひとすじの光
 ~連邦ビル爆弾テロの犠牲者に捧ぐ~
魔法にかけられて

第Ⅲ部 市立桜丘高等学校
喜歌劇「こうもり」序曲
ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲
ハリウッド万歳
YOUNG MAN -YMCA-

第Ⅳ部 横浜創英中学高等学校
歌劇「蝶々夫人」より第Ⅱ・Ⅲ幕
交響曲第11番「1905年」より
 Ⅱ.血の日曜日 Ⅳ.警鐘
You Raise Me Up
ユーロビートディズニーメドレー

第Ⅴ部 ジョイントステージ
1年生
JUPITER
ディズニー・ファンティリュージョン
2年生
DE BELLO GALICO
3年生
ジャパニーズ・グラフィティⅩⅢ
 ~スポーツは青春ダァー!~
手紙


むふ~。
チケットは電話予約していたのですが、
某先生はチケット係?に伝えていなかったようです。
私の前のおじさんも「某先生に頼んだんだけどないの?」
と言っておりました。
被害者はもっといたのだろうか?
当日券を買いましたが、A席でかなり前の方になってしまいました。トホホ。

横浜商業
総勢25名による演奏。
なかなか良い演奏だなぁ。
これからどんどんのびるだろうなぁ。
「晴天の風」。Tpのミュートが微妙ですね。
「ケルト民謡」。フレーズの出だしが揃わないですねぇ。

戸塚
「ローマの祭」。ちょいと期待していたんですが横浜大会の時とあんまり変わらなかったなぁ。
Tpがよくなかったなぁ。
なんかテンポ変化が独特だったなぁ。
カットは変えたみたいですねぇ。
「暗闇に・・・」。は全員による演奏。
セッティングに時間かかりすぎだな。
「魔法にかけられて」はやけに暗い演奏だったなぁ。

桜丘
「こうもり」はやけに軽い演奏だったなぁ。
「くじゃく」。なんで県代表になれなかったのかなぁ?
本日の感じでは戸塚より良かったけどなぁ。
「ハリウッド・・・」、「YMCA」はまさにさくらサウンドだな。
楽しい演奏だわ。

創英
「蝶々夫人」。Ob、Fgうまいですねぇ。
今日の中ではサウンドが違うなぁ。
「1905年」はA部門以外での演奏。
ポップス2曲もなかなか良かったねぇ。
ユーロビートのノリは、やらされてる感があるのが残念だなぁ。

ジョイント
1年生
いやあ、なんだかバラバラだなぁ。
各自勝手に音出してるなぁ。
2年生
ふむふむ、やっぱ2年生の方がうまいんだなぁ。
1年生よりまとまってるもんなぁ。
3年生
ほ~。やっぱ年の功か?
まとまってるねぇ。1つのバンドみたいだったわ。
「ジャパグラ」は足立先生の指揮でした。
久し振りの大人数相手で楽しそうに振ってたなぁ。
桜丘の学生もニコニコしてたわ。この代まで教えてタンだよねぇ。
色物部隊まで編成して楽しい演奏だったな。
最後は1,2年生がオルガン席&左右に並んで、3年生の伴奏で、「手紙」の合唱。

ふむふむ、なかなかいい演奏会だったなぁ。
ただ、各校内でのセッティングに時間がかかって間延びしちゃってたよなぁ。
桜丘だけは最初から総数の席を用意してたけど、その他は曲毎のセッティングだったかなぁ。
ドリームコンサートのように顧問や司会の掛け合いで時間を埋めてくれたらいいんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立金井高等学校吹奏楽部定期演奏会

神奈川県立金井高等学校吹奏楽部
第29回定期演奏会
平成20年8月22日
17時30分開演
神奈川県立音楽堂
無料

第1部
フラッシング・ウィンズ
海の微風、春の再来(弦楽四重奏曲第4楽章)
組曲「タンタン」~太陽の神殿~
 序奏:太陽の神殿
 インカ皇帝ラスカル・カパック
 キャンプファイヤーが燃えさかるとき
 教授のワルツ
 友情よ永遠に、永遠に
 パイヤー
 太陽、終曲

第2部 KANAI POPS STAGE 2008
ブラボー・ブラス
私のお気に入り
ディープ・パープル・メドレー
愛を感じて~映画「ライオン・キング」主題歌
魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン

第3部 ロシア音楽の饗宴
アダージョ(交響曲第2番第3楽章抜粋)
スキタイ組曲「アラとロリー」作品20より
 ~邪教の神、そして悪の精の踊り~
歌劇「イーゴリ公」より
 ダッタン人の踊り(ポロヴェッツ人の踊り)

アンコール
バレエ組曲「くるみ割り人形」よりトレパック
マーキュリー


浮いた半休を半ば強引に使用してやってまいりました。
県立音楽堂は6~7割の入りだったかな。
時期的にか学生さんは少ないようでした。

全体的な感想としては、ハーモニーが汚いし、雑だわ。

「フラッシング・ウィンズ」は出だしの金管から気持ち悪かったなぁ。
Tpは暗いしなぁ。
「海の微風・・・」はコンクール曲なのになぁ。
金管濁ってるし、Hrは気持ち悪いし、雑だし。
まだ東関東があるんでしょ。頑張ってよね。
チケットとれたら応援に行くからね。
「タンタン」はまあいいや。

第2部かぁ。
やっぱ金管がなぁ。
「ディープ・パープル」は分解してるし、
「マンボ・イン」なんかえらいいい加減な演奏だったなぁ。

第3部・・・。
「アダージョ」。Cl頑張って。
「スキタイ」。何回練習したのかなぁ。
「ダッタン人」。辛くなっちゃった。

アンコール。最後まで聴きました。

東関東常連校なんだから、もうちょっとビシッとした演奏をしてほしいなぁ。
「海の微風・・・」も神奈川大会より良くなかったし。
時期的に大変なときだろうとは思うけどねぇ。
曲数減らして質を上げた方がいいよ。
この演奏会じゃぁ、
「あ~、この部に入って演奏したいなぁ。lovelyhappy01shine
って思えないぞ。

はぁ~。えらい酷評になっちゃったな。

頑張れよ~。
母校。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラスト2:MIX

ブラスト2:MIX
平成20年8月17日
12時開演
東京国際フォーラムホールC
S席12000円
HP

ぷふ~。
昨日の日帰り名古屋に続きまして本日昼からの公演でございます。

ブラスト観るのはこれで4年目になるのかな。
今回の目玉?はバトンの本庄千穂氏かな。
天井が低いから技が制限されちゃうのがちょっと寂しいなぁ。
一昨年の稲垣正司氏は男性だけあって非常に力強かったけど、
本庄氏はしなやかですね。

いやぁ、でもやっぱプログラムとしてはブラストの方が好きだなぁ。
息子が結構真面目に観るようになっててビックリしたなぁ。

ラスト、ホールから出ていく時は手にテーピングしてたから、マメとか出来て固いのかなぁ。
と思った手ですが、終演時のミックスゾーン?で握手してもらったら柔らかかったなぁ。

さあてと、来年はどうしようかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五嶋龍

五嶋龍ヴァイオリン・コンサート2008
平成20年8月16日
18時開演
愛知県芸術劇場 コンサートホール
S席9000円
HP

指揮:小松長生
セントラル愛知交響楽団

大学祝典序曲 op.80/ブラームス
ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 op.26/ブルッフ
 第1楽章 前奏曲:アレグロ・モデラート
 第2楽章 アダージョ
 第3楽章 フィナーレ:アレグロ・エネルジーコ

「Nel cor piu non mi sento」による変奏曲/パガニーニ
ジークフリート牧歌/ワーグナー
カルメン幻想曲/ビゼー : ワックスマン編曲

アンコール
無伴奏バイオリンのためのソナタ/バッハ
 第3番ハ長調 BWV1005 第4楽章
God save the Queen変奏曲/パガニーニ
庭の千草変奏曲/エルンスト

本日は名古屋まで出張でございます。
カレーうどん、鶏丸焼き、氷赤福を食べてから会場に向かいました。
は~、腹一杯だぁ。
例によって開演前はビールです。
ここのビュッフェはちと奥まった所にあるなぁ。

ふむふむ、
ホールはこぢんまりとしていて良いですねぇ。
ミューザ川崎の3階の前のブロックまで位かな。
席は2階席前方右よりでしたが奏者は結構近いですね。

さてと、
大学祝典序曲はセントラル愛知交響楽団による演奏。
弦はあまり聴いたことがないので良く分かんないけど、
管楽器は非常に微妙だ。特にHrだなぁ。
Ob、Flの若い方はまずまずですね。

ヴァイオリン協奏曲で五嶋龍君の登場です。
ふ~ん、ヴァイオリンってのはこんなに沢山の弾き方があったんですねぇ。
演奏の方は、やっぱ若いお兄ちゃんって感じが出てますねぇ。
これから少しずつ艶が出てくるんでしょうね。

「Nel cor piu non mi sento」による変奏曲は五嶋君一人で演奏。
ジークフリート牧歌はセントラルのみの演奏だったんですが、
ちょっとこの曲は無理ですね。
そして、カルメン幻想曲。
別のバンドで聴きたかったなぁ。
ミューザ買えなかったんだよなぁ。

アンコールは全て五嶋君の独奏でした。
ふむふむ。

アンコールが1曲終わる毎にチラホラとおばさま達が急いでホールを出ていくのよね。
まだ終わってないのになんでかなぁ?と思ってたら、
終演後に、プログラム及びグッズを購入した人を対象にサイン会があるんだって。
ホールを出たら長蛇の列が出来ておりました。
うむむ~、おばさまのアイドルなんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川吹奏楽コンクール 中学校A部門

神奈川吹奏楽コンクール
中学校A部門
平成20年8月13日
10時~
神奈川県民ホール
全席自由1200円
HP

出場校、曲目及び結果
「kanagawatyuua.pdf」をダウンロード

ふ~、本日分は前売り券を持っているのでゆっくり行っても良さそうなものですが、
8時過ぎに会場着。
10人程度の列が出来ておりました。
案内係のお兄さんがハンドマイクで当日券売り切れのアナウンスをしておりました。
事前説明では整理券の配布はしないと書かれてましたが、配布したようです。

え~と。結果を絡めた感想をば。
南下浦。課題曲は後半ちょっと単調だったかな。
自由曲はよかったそなぁ。非常に落ち着いた好演だったと思うんだけどなぁ。
当然抜けたと思った。銀賞は本日一番のビックリでした。
東橘。課題曲は若干浮ついた感じ。スネアが聞こえにくかった。
自由曲も浮ついた感じが残ってたなぁ。川崎大会の方がよかったな。
万騎が原。課題曲Ⅳはマラカス難しいな。
自由曲はもう少し押さえたほうがいいと思うな。
田奈。課題曲、自由曲とも落ち着いた演奏。
いかにも中学生って感じのサウンドだわ。
高倉。課題曲はもっさりした感じ。Tp、Tbファイトだな。
自由曲は金管がこもってた。ツーっと通しただけっていう演奏。
厚木。課題曲、サウンドいいですね、ただなんか曲が違うみたいな箇所があったよなぁ。
自由曲はHrがよかったなぁ。
樽町。課題曲はTbのミュートが聞こえないところがあったかな。Flもう一息だぁ。
自由曲はCl、Hrファイトだな。テンポがふらふらしてたな。
睦会東。課題曲は木管よかったな。変な抑揚をつけてるとこが気になったなぁ。
自由曲はカットが妙だな。Obファイトですね。
本郷。課題曲はだいぶまとまってきたかな。
自由曲はラッパの出だしが埋もれ気味だったな。
岩崎。課題曲は出だしちょっとバランスが悪かったかな。テンポ感はよかったな。
自由曲はよくまとまってたな。相変わらず大人っぽい音をだすよなぁ。
朝日賞おめでとうございました。

金賞団体&南下浦の感想でございました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シエナ・ウインド・オーケストラ第27回定期演奏会

シエナ・ウインド・オーケストラ第27回定期演奏会
平成20年8月12日
19時開演
東京芸術劇場
S席6000円
HP

第1部
歌劇《運命の力》序曲
鳳凰が舞う~印象、京都 石庭 金閣寺

第2部
音楽のおもちゃ箱〈佐渡裕のトークと音楽〉
~シェフのおすすめ映画音楽アラカルト~
20世紀Foxファンファーレ
風と共に去りぬより タラのテーマ
ニューシネマパラダイスより
ロッキーのテーマ
80日間世界一周

第3部
『メリー・ポピンズ』~メイン・タイトル
『Mr.インクレディブル』~栄光の日々、スーパー・クレジット
『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

アンコール
小さな世界
~越智順子に捧ぐ~アイ・キャン・クック・トゥー
星条旗よ永遠なれ

先頃発売されたディズニー・オン・ブラスの曲を取り上げたコンサートですね。
ズバッと定時上がりして東京芸術劇場に駆けつけました。

いやあ、なんて言うんでしょうねぇ。
音が澄んでますねぇ。
オーボエ、フルートいいですねぇ。
ピッコロもあんな音が出るんだなぁ。
ホルンがちょっと怪しいところがあったけど
むひい、素晴らしかったわ。

第2部のロッキーのテーマは冒頭に則竹裕之氏のドラムソロ。
うむ~、どういう体してるんだろうなぁ。
お口あんぐりですね。
そして、終盤はリコーダーが登場して終わるのかと思ったら
ティンパニー氏が体を叩きながら舞台前方へ進み出てきた。
にょほ~、則竹氏のドラムとボディーパーカッションで対決である。
いやあ、盛り上がったなぁ。
80日間世界一周では地球儀型?バルーンなどが会場に投入され、
途中割れたりして大騒ぎだったなぁ。

第3部はいつもCDで聴いている曲。
やっぱ生はいいなぁ。

アンコール1曲目小さな世界は佐渡氏のリコーダーソロから合奏、吹奏楽へと展開。
2曲目は、アイ・キャン・クック・トゥー。
バーンスタイン・ガラの時のヴォーカル、越智順子氏が先日他界されたそうです。
伴奏のみの演奏を捧げました。
佐渡氏は涙をこぼしていましたね。団員の方々も。

そして、最後は恒例の観客参加の星条旗よ永遠なれ。
いやあ、フルート、クラリネット、サックスくらいまではわかりますが、
チューバ持参の方も数名いて観客パワー全開だったわ。
あ~、そうそう、佐渡氏の愛弟子という紹介でルー大柴氏が指揮で登場。
各席、舞台を走り回ってなぁ。

う~む、素晴らしい演奏会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川吹奏楽コンクール 職場・一般の部

神奈川吹奏楽コンクール
職場の部
一般の部
平成20年8月10日
10時30分~
川崎教育文化会館
全席自由1200円
HP

出演団体、曲目及び結果
「kanagawasyokuiti.pdf」をダウンロード

9時30分当日券発売とのことで9時20分頃現場着。
20人程の列が出来ておりました。

昨日と違い会場はかなりすいております。
また、演奏が進んで来ても混んで来ないんですね。
一般の方々は自分たちの演奏が終わっても他団体の演奏を聴く人は少ないようです。
最後まで一階席はガラガラでした。

では、職場から。
職場は2団体。
日立とNECの対決です。
日立は吹奏楽の集いで、NECは定演で聴いたことがありました。
いやあ、日立はビックリしました。
こんなに上手かったんだなぁ。やっぱ大人は期限に合わせてこられるんだねぇ。
で、NECですが、セリオーソは金管の入りが微妙だし、終始なんか変な音が聞こえるのよね。終盤雰囲気も崩れて来ちゃうし。
自由曲は坦々としていて面白くなかったよなぁ。
夫婦揃って、日立が代表だべ。っだったのですが、
結果は例年通りNECが代表。
う~む、夫婦揃って耳が変なのかなぁ。

一般の部は18団体。
個人的には地元ですので、栄区吹とOakを応援しているわけです。
栄区吹。課題曲はEupとHrファイト、自由曲もハーモニーがよくないなぁ。
ユース。課題曲は鍵盤のバランスがよくなかったなぁ。自由曲のマリンバは結構よかった。
オークは今年は高田氏が振ってるんですね。
今までの団体とはサウンドが違うし、代表確実と思ったのですが残念な結果でした。
横ブラ。課題曲は若干あせってる感じ。自由曲は夜明けは雰囲気的にはいいのかもしれないけど、もっとおさえた方がいいだろうなぁ。おかげで全員の踊りが破綻してた。
グラール。課題曲は落ち着いた運びで休日っぽかった。自由曲、この曲を聴くのは3回目ですがよくわかんないなぁ。全体的に人数でごまかしてる感じですね。
ソレイユ。Hrが9人もいて贅沢ですね。スネアがよかったかな。フレーズの頭が雑なとことがあるなぁ。
相模原。サウンドがいいですね。自由曲はこれだけ短くなっちゃうと意味不明な曲になっちゃうなぁ。
大磯。自由曲はHrガンバですね。中盤ちょっとかったるくなっちゃってた。

と、金賞&オークの感想でした。
いやあ、しかし、栄区吹の代表とオークの代表落ちはビックリしたなぁ。
栄区吹の皆さん、東関東大会ガンバって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川吹奏楽コンクール 高等学校B 大学

神奈川吹奏楽コンクール
高等学校B部門
高等学校フェスティバル部門
大学部門
平成20年8月9日
10時~
川崎教育文化会館
全席自由1200円
HP

出場校、曲目及び結果
「kanagawakoubetc.pdf」をダウンロード

さてさて、今週末は2日連続でコンクール。
火曜日にシエナを聴きに行って水曜日またコンクールだぁ。
まったく暇なおじさんだなぁ。

当日券は400枚で結構早くから並ぶという噂を聞いていたので7時頃に会場着。
既に30人程度並んでおりました。
でも、今年の様子からだと8時頃に来れば余裕って感じですね。

本日は高等学校B部門29校、フェスティバル部門3校、大学部門4校となっております。

まずは高等学校B部門から。
29校中13校が県代表なのよね。
しかも、A部門、B部門両方出ている団体はB部門は県大会までという規程があるわけですね。
んでA部門も出ている団体が10団体かな?
と言うことは実質19校中13校が県代表なんですねぇ。
非常に広き門となっているわけですねぇ。

ざっと感想など。
横浜南陵は打楽器奏者の歩く音がうるさい。靴考えてね。
川崎北Flもうちっとファイトだ。
三浦は出だし、アレ?って思ったけどもちなおしたな。
創英はよかったね。打楽器が気持ちよく鳴ってたなぁ。
北鎌倉女はこぢんまりとした演奏。
瀬谷はTpファイトだな。
相模原総合はリードミスが気になったけど、打楽器、Clがよかったなぁ。
桜丘は非常にゆったりとした入りで分かり易い曲作りですね。
金井は、え~と、感想何も書いてないなぁ。
海老名は最初はよかったけど最後までもたなかった感じだね。
慶應は金管ファイトかな。
東海相模はサウンドが違うな。Hrがいいですねぇ。
荏田は若干落ち着きがないかな。Eupがよかったな。
厚木東は中間部ばらけたな。金管ファイトです。
弥栄はなんだかよくなかった。
戸塚は木管がいいね。
緑ヶ丘は感想書いてないなぁ。

次は、高等学校フェスティバル部門ですね。
ここは3校中1校が県代表ですね。
大西学園はさすがですね。
演出がよく考えられています。
演奏の方も安定していて、打楽器も定演の時のような下品?な叩き方じゃなかったなぁ。
秦野総合は普通の定演のひとこまっていう感じ。
始めから代表に成る気はないようですね。
横須賀総合はよかったなぁ。
歌&踊り手集団が登場したり、ここは真面目に取り組んでますね。
もっと元気があればなぁ。

そして、大学部門。
今年は神奈川大学が3出休みということでチャンスですねぇ。
明治大学はもう少し練習してから出てきて欲しかったわ。
北里大学は指揮者に見入ってしまって印象が薄いよ。
文教大学は6月の3校合同のときより格段によくなってたな。
でも、セリオーソは厳粛じゃなくて明るい感じだったわ。
フェリスはセリオーソはまずまずよかったけど、自由曲がなぁ。
木管高音がキンキンしてたなぁ。
なんか他の曲なかったのかなぁ。

さてと、次は職場一般だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉吹奏楽団ミュージックファーム

鎌倉吹奏楽団ミュージックファーム
第10回映画音楽特集演奏会
平成20年8月 2日
19時開演
鎌倉芸術館
無料
HP

第1部
バック・ドラフト
サウンズ・オブ・ハリウッド
ネバーエンディング・ストーリー
ポカホンタス

第2部
魔法にかけられて
となりのトトロ
タイタニック
エンドレス・ラブ
レイダース・マーチ

アンコール
崖の上のポニョ

開演が遅いですねぃ。
しかし、一般バンドは集まるのが大変だよねぇ。
私たちより後から来た奏者もいたもんなぁ。

2、3階が閉鎖されておりました。
1階の後方2/3は埋まってたかな。

さて、ファンファーレで開幕し、1曲目は「バック・ドラフト」。
懐かしいですねぇ。料理の鉄人。
う~む、Hr、Eupがちと厳しいなぁ。
全体的に遠慮して音を出してる感じだなぁ。
なんか、綺麗な音を出そうとして探り探り吹いてて裏目に出てるようだなぁ。
もっと自信をもって吹けばいいのに。
「サウンド・オブハリウッド」から「ポカホンタス」までおっかなびっくり的演奏。
音を張る曲じゃないので「バック・ドラフト」よりはこっちの方がバンドにあってるかな。
でも。みんな同じに聴こえちゃうね。
打楽器が4人で寂しいのも影響してるかな。
しかも、打楽器おさえてるしなぁ。
グロッケンが聴こえないんだもんなぁ。

第2部。
「魔法にかけられて」は
お、ちと吹っ切れたかな。と思ったけど
まずまずだったの「トトロ」までだったな。
「タイタニック」「エンドレス・ラブ」は再びグダグダ。
しかし、一番心配してた「レイダース・マーチ」はよかったな。
ちょっと通夜っぽかったけど。

アンコールは「崖の上のポニョ」。
実は午前中に観にいったのよね。
Trpソロはなかなかよかったね。
そして、このバンドはいつも、
最後の曲は本日の演奏でもう一度聴きたい曲を再演してるんだとか。
んで、観客が選んだ曲は「崖の上のポニョ」。
連続ポニョだぁ。
Trpソロが遊んでおりました。
うん、最初からその感じでよかったのに。

でも、週一3時間の練習しかできないそうで、
それにしては頑張ってるよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹奏楽コンクール 神奈川県地区大会が終わって

いやあ、怒濤のように押し寄せた吹奏楽コンクール神奈川県地区大会も昨日で終了しましたねぇ。
観に行けたのは、横浜高校Aと川崎中学の2回だったわ。
夏休み中なので休日開催が少ないからなぁ。

この半年あまりで観に行って記憶に残ってるのが、
中学校で10校ほど、高校で14校ほどかな。

中学校はほとんどが県代表になったなぁ。
防災ふれあいコンサートで聴いた菅田中学校も無事?B部門で県代表だ。
どう変わったか変わんなかった聴きたかったなぁ。
B部門だと他に、お気に入りの平戸中学校はもちろんのこと
緊張パーカス君の豊田中学校も県代表だぁ。
緊張せずに叩けたのかなぁ?
秋葉中学校もフェスティバル部門で代表ですね。
今月末の定期演奏会は伺わせて貰いますよん。
A部門だと、圧巻だったのは東橘中学校かな。
定期演奏会では、「ローマの祭」全曲で驚かされ
今回のコンクールでは「交響三章」でお口あんぐりだったわ。
その他、万騎が原中、岩崎中、南下浦中と鉄板の皆様方ですね。
南下浦中はウィンターフェスタで聴いた「マリツァ」セレクションがコンクール曲なんだよなぁ。
あの時既にかなりの完成度だったし、磨きがかかってるんだろうなぁ。

そして、高等学校ですね。
先日聴いた東海大相模を筆頭に、戸塚、桜丘、横浜創英、柏陽は順当ですねぇ。
茅ヶ崎、逗子、日大藤沢も代表でございます。
おっと、フェスティバルの大西学園も鉄板ですねぇ。
逗子は定演で聴いたⅢと「陽が昇るとき」なんだよなぁ。
仕上がってきてるのかなぁ?
日大藤沢はあの無難な演奏だった「ガイーヌ」かぁ。
思いの外出来の悪かった戸塚には県大会での奮起を期待いたします。

とまあ、こんな雑感ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »