« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

スプリング ジョイント コンサート 2009

スプリング ジョイント コンサート 2009
 AMORE BRASS BAND
 横浜市立秋葉中学校吹奏楽部
 横浜栄区民吹奏楽団
平成21年3月22日(日)
14時開演
栄公会堂
無料

AMORE BRASS BAND
トレイルブレイズ
オーシャンズ

横浜市立秋葉中学校吹奏楽部
カンタベリーコラール
魔法にかけられて

横浜栄区民吹奏楽団
フロレンティナーマーチ
ローザのための楽章
 ~公民権運動のヒロイン、ローザ・パークスに捧ぐ
カンタベリー・フォーエバー

合同ステージ
ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー


会場は前方の可動席が取っ払ってあって奏者用の椅子が並んでおりました。
合同ステージの準備ですね。
なのでキャパは500席弱ですね。

AMORE BRASS BAND
ブラスバンドはなかなかカッコイイですね。
ちょっと単調だったのが残念ではありました。

秋葉中学校
非常に元気がいいですね。
こんなに元気がいいバンドだったかなぁ?
元気に楽しそうに演奏していて、
元気のおすそ分けをいただきました。
積極的に音を出しているのは大変いいことだと思いますが、
技術的には拙くて、でも楽しそうに演奏していて、
う~む、元気と演奏の両立は出来ないのだろうか?

横浜栄区民吹奏楽団
やはり?、安定した演奏ですね。
「ローザ・・・」もフェスティバルの時よりは全然良かったな。
もう少し緊張感が欲しかったかな。

合同ステージ
ふむふむ、ブラスバンドが入ってるからか中音域が豊かで
大変耳障りのいい演奏でしたね。

秋葉中学校の今後が気になる演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜創英中学高等学校吹奏楽部

横浜創英中学高等学校吹奏楽部 第36回定期演奏会
平成21年3月21日(土)
17時開演
横浜みなとみらいホール
無料・要整理券

第Ⅰ部
ファンファーレ
ファンファーレとフリオシティ
シー・オブ・ウィズダム
 ~知恵を持つ海~
フェスティバルバリエーションズ

第Ⅱ部
歌劇「蝶々夫人」より
組曲「惑星」より「木星」
 ~快楽をもたらす者~
歌劇「トゥーランドット」より

第Ⅲ部 ♪ドレミファSOEI♪全員集合
20世紀FOXファンファーレ
篤姫~天地人
ビックバンドショーケース
マンマミーヤ 歌付き
2008Jポップメドレー

アンコール
ユーロビート・ディズニー・メドレー
ギフト/Mr.Children 3年生歌(替え歌)


2年連続で全国に行くとさすがにお客さんは多いですね。
一般予約開始と同時に電話しましたがすでにキャンセル待ちでした。
と言っても、だいたい入れるようですが。

久しぶりのみなとみらいホール。
いつものようにビール&ワインを注文。
サービス?のナッツがショボくなってたよん。

客席はほぼ満員。
私たちの出来は3列目右端より。
う~ん、チューバが目の前です。
そして最前列の奏者しか見えません。
指揮者の横顔が見えますが。
終始左上を見上げる感じで首が痛くなりました。

聞こえ方としては、チューバばかりがガンガン聞こえるのかと思ったんですが、
チューバの音は頭上を通過してるみたいです。
全体的に反響音が聞こえている感じです。
TpやPercは遠~くで鳴ってるぞぉ。

常光氏の指揮によるファンファーレで幕開き。
第Ⅰ部の指揮は井上先生。
聞こえ方は残念だけど上手いってことはわかる。
やっぱ高校生、しかも全国バンド、は上手いわ。
「シー・オブ・・・」はいままで聴いた中で一番よかったな。
Clがきれいだった。
「フェスティバル・・・」はHr頑張ったな。

第Ⅱ部は常光氏の指揮で。
「蝶々夫人」はおそらくコンクールメンバーでの演奏。
人数が減ると直接音も聞こえてくるなぁ。
Ob&Fgは相変わらずいいね。
「木星」「トゥーランドット」
怒濤の寄り切りだったな。

第Ⅲ部は圧巻のポップスステージ。
「ビックバンド・・・」のEuphソロは上手かったな。
「Jポップメドレー」はポニョや海雪、キセキ、矢島美容室、羞恥心etc。
常光氏は、おそらくジェロの格好、井上先生は矢島美容室で登場。

アンコールは、井上先生の化粧落としの間を常光氏が老獪な話でつないでの、
昨年と同じ「ユーロビート・・・」。
3年分の思いを出し切るような演奏でした。
目の前には涙する女子高生達。
家内は満足げな顔で涙する女子高生達を眺めておりました。

そして、恒例の3年生がP席に並んでの合唱。
曲は「ギフト」でした。
替え歌なんですが、歌詞がいまいち聞き取れなかったな。

終演後、隣に座ってたT高校生が、
「やばい、もらい泣きしちゃったよ。うちら大丈夫かなぁ。」
と賞賛と自分たちの定演の心配を同時にしておりました。

今年も爽やかでいい演奏会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立上永谷中学校吹奏楽部

横浜市立上永谷中学校吹奏楽部 第14回定期演奏会
平成21年3月20日(金・祝)
15時開演
関内ホール
無料

第1部
カーニバルのマーチ
セドナ
エル カミーノ レアル

第2部
秋/グラズノフ
主よ人の望みの喜びよ
序曲1812年

第3部
アバ ゴールド
魔法にかけられて
ジャパニーズ・グラフィティⅤ
シング シング シング
ディズニー アット ザ ムービー

アンコール
旅立ちの唄/Mr.Children(3年生の歌)
宝島


出せる音はガンガン出していくぞ~。
って感じのバンドですね。
人数も70人近くと大人数でイケイケの部分では迫力がありました。
出しやすい音域ではバンバン元気よくいくんですが
出しにくい音域になるとスカッとなってしまいます。
そして、全体的に弱奏が苦手みたいですね。
Tpが顕著だったかな。

クラは人数が多くて金管に負けずによく聞こえてよかったな。
ただ、ソロはちょっと頑張らねばね。

「エルカミ・・・」は出だしはかっこよかったな。
「魔法に・・・」は今年一番の人気曲だな。何回聴いたかなぁ?

途中もみじヶ丘吹奏楽団の指揮者が登場。
このバンドを指導しているそうです。
相変わらずの暗さ。
でも、やっぱ笑顔は可愛かった。

アンコールでは、3年生の名前紹介。
この年の3年生は30人という大所帯だったんだそうです。
1学年150人程度で30人ってのは凄いですよね。
2年生による花束贈呈に続き「旅立ちの唄」の合唱。

そして、最後は定番の「宝島」。
最後のやけっぱちイケイケ演奏。
よかったわ。

全員揃っての
「ありがとうございました。」
で終演。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学吹奏楽研究会

東海大学吹奏楽研究会
 Supring Concert 2009
平成21年3月15日
14時開演
秦野市文化会館
無料

第Ⅰ部 マーチングステージ
~MUSIC FROM WALT DISNEY WORLD'S MILLENNIUM CELEBRATION~
TAPESTRY OF NATIONS  WE GO ON
 Karn evil 9
 Temptation
 Children of sanchez
 You raise me up
 Fowl play
 Tapestry of Nations
 We go on

第Ⅱ部 ポップスステージ
20世紀FOXファンファーレ
ブラボー・ブラス!
アメイジング・グレース
哀愁のセントラルパーク
あの日聞いた歌
チューバ吹きの休日
チャルダッシュ
ビッグバンド・トリビュート
サンバ・デ・ラブズ・ユー

アンコール
1曲 不明
2曲 不明(トロンボーン4本が前に出てきた)
明日に架ける橋


秦野まで遠征してきました。
やっぱ遠いなぁ。

スプリングコンサートは久しぶりに復活した企画だそうです。
ステージマーチングの発表の場と位置付けたコンサートだとのこと。

定期演奏会でステージマーチングを見ていたのであまり期待はしていなかったのですが、
なかなかどうして。でした。
ドリル事態は基本的な動きなんですが、やっぱり大人だから力強いし、キッチリと作れていました。
踊るスーザ&チューバ、移動するシロフォンを追いかけての演奏etcと挟み込まれたネタも楽しかったわ。
いい意味での期待外れだったなぁ。

第Ⅱ部はポップスステージ。
percを扇の要に、木管2列、金管弦バス3列をV字型に並べた配置。
やっぱこの配置だと音の混ざりはわるいですね。
ただ、奏者を見るにはいいのかな。
ビジュアル優先の配置ですね。
V字の谷間にスペースがたっぷりあるので
ソリストが出てきてゆったりと演奏できます。

「アメイジング・・・」は歌付き。

木管は全体的に安定した演奏。
金管は高音パートがちょっと弱い感じだな。
この時期だからしょうがないけど4年生が抜けて大分落ちてますねぇ。
でも、練習はマーチングが主体だったんだろうなぁ。

ってことでサマーコンサートに期待ですな。
7月12日(日)伊勢原市民文化会館だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市民吹奏楽団

横浜市民吹奏楽団 第63回定期演奏会
平成21年3月8日(日)
13時30分開演
鎌倉芸術館
無料
HP

オープニング
横浜市歌

第一部
ナヴァル・ブルー
祝典のための音楽

第二部
ファッシネーション~魅惑のワルツ
川の流れのように
ビッグバンド・ショーケース
星条旗よ永遠なれ

第三部
交響曲第9番「新世界より」
 第2楽章
 第4楽章

アンコール
サーカス・ビー


昨日に引き続き連日の鎌倉芸術劇場です。
「横浜市歌」でオープニング。
この曲は酒井格に編曲委嘱したものだそうです。
全体的によく鳴っていてカッコいいな。
横浜市民はつい口ずさんじゃうよな。
と言っても、私の場合、歌詞は非常に怪しいのですが。

う~む。
よく鳴っていて。と書いたけど
だいぶホールに助けられてるのかな?
基本的に音が大き目なんだな。
「祝典のための・・・」ではファゴットソロが完全に埋もれてたな。

第二部でも音は大きくて、平板な演奏。
「星条旗・・・」は真島氏編曲のもの。

と言っても、全体的に安心して聴ける演奏会でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉交響楽団

鎌倉交響楽団 第7回ファミリーコンサート
平成21年3月7日(土)
14時開演
鎌倉芸術劇場
自由1000円
HP

プレコンサート
七重奏曲?/ベートーベン

喜歌劇「天国と地獄」序曲
ルロイ・アンダーソン特集
 春が来た
 ブルー・タンゴ
 そりすべり
 タイプライター
 シンコペイティッド・クロック
 プリンク・プレンク・プランク
 トランペット吹きの休日

<<インスタント・コンダクター>>

交響曲第5番ハ短調 「運命」

アンコール
歌劇「ホフマン物語」より「舟歌」


海上自衛隊横須賀音楽隊にはずれたのでやってきました。
久しぶりのオーケストラです。

一般バンドで有料1000円という設定ですが
お客さんは3階までほぼ満員の入り。
う~む、オケってお客さんを呼べるんだなぁ。
ファミリーコンサートと言うことで知ってる曲ばかりの構成。

オケはやっぱ音が柔らかいな。
Hr、Tp、Percと若干やば目ですが
週1の練習でこれだけ出来ればすばらしいですね。

インスタントコンダクターのコーナーでは
80人からの立候補者からジャンケンで勝ち抜いた
小学4年生2名、中学2年生1名の3名が登場。
「天国と地獄」のフレンチカンカンの部分を振りました。
楽しそうで気持ちよさそうだったな。

「運命」では睡魔におそわれましたが、
最後まで楽しく聴けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜市立本郷小学校マーチングバンド

横浜市立本郷小学校マーチングバンド
 スプリングコンサート
平成21年3月7日(土)
11時開演
本郷小学校体育館・校庭
無料

第一部
マーチングドリーム
アフリカンシンフォニー
組曲「惑星」より木星
崖の上のポニョ
翼をください
千の風になって
いい日旅立ち

第二部
ドリル演奏「ペールギュント」


本日の1本目です。

第一部は体育館での立奏。
定番のマーチングドリームでの開演。
マーチング編成でコルネットが多いからかちょっと低音が聴こえにくいな。

しかし、上手くなったもんだわ。
でも、全体的にすごく抑圧された感じの演奏だな。
マーチングだからカッチリと作り上げるのはわかるけど、
小学生らしさってのも欲しいと思うのは私だけなのかなぁ?
しかもいまいちカチッとなりきれてないので中途半端な状態ですな。

ってわけで、プログラムは淡々と進んでまいりました。
「アフリカン・・・」や「木星」ではキレイな中低音を聴けたな。
「翼をください」は歌&手話付きでした。

6年生の紹介の後に「いい日旅立ち」。

しかし、これだけの曲数を暗譜で立ったままの演奏ってのは凄いよな。
息子の時代とは雲泥の差だわ。

第二部は校庭でのドリル演奏。
さすがに第一部で疲れてるよなぁ。
グダグダ気味のドリルでした。

なんだか辛口基調になってしまいましたが、応援しております。
来年度は全国 「金」 期待してますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県職場・一般吹奏楽連盟吹奏楽フェスティバル

神奈川県職場・一般吹奏楽連盟
第10回吹奏楽フェスティバル
平成21年3月1日(日)
13時30分開演
鎌倉芸術館
無料
HP

プログラム
「09syoku-iti.pdf」をダウンロード


散歩がてら行こうと思っていたけど、
あいにくの雨でバスでのお出かけでした。

開場を待って入場し、いつもの指定席へ。
う~む、凄くすいてるぞ。
観客は開演時で百数十名と言ったところかな。

湘南交響楽団グランドシップ
Percが3人で寂しいな。
切れがなくダラッとした演奏。

日立製作所ソフトウエア事業部音楽隊 
1曲目、曲はいいんだけどすっきりしない演奏。特に中音域が。
2曲目の「この木なんの木」は相変わらずいいですね。
職場バンドの鏡ですね。

ジョイフル・ブラス・オーケストラ
A.SAXが牽引してますね。
パート毎にベテランと若手っていう組み合わせなのかな?

大磯吹奏楽団
少人数で頑張っておりました。

ブラス カナテック
Trpガンバ。

港南台ミュージックダルモニー
う~ん、曲がなぁ。
小中学校への訪問演奏ならいいんだろうけど、
フェスティバル向きの曲じゃないかな。
楽団の特徴を出す。ってことではアリなのかなぁ?

ユース・ウィンド・オーケストラ
高田亮氏の指揮での演奏。
うむ。完全に高田氏に乗っ取られた感じ。
団長も団員に、変化を楽しんでください。と言っているようですが、
確かに楽しいのですが、
高田さん、同じ様なバンドを増殖させても・・・

Oak Wind Symphony
高田氏の後だけに、非常に正しい吹奏楽に聴こえた。
「リトル・・・」の中間部はグダグダ気味でしたが
全体的に安心して聴けました。

横浜栄区民吹奏楽団
1曲目は曲が難しすぎだな。
もう少し消化可能な選曲を。
期待しているだけに、ちょっと辛口になるな。

フェスティバルバンド
120名の大バンド。
団体参加していないバンドからも多数参加しております。
さすが福本氏です。
メリハリの利いた指揮で大変楽しく聴けました。
「トゥーランドット」はEupがちょっと残念だったな。
アンコールの宝島は、福本氏はSaxを持っての登場。
ほとんど指揮はせずに客席をめぐって吹きまくっておりました。
う~む、福本氏いいなぁ。

来年はみなとみらいホールでの開催だとか。
集客大丈夫かなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »