« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

東海大学吹奏楽研究会

東海大学吹奏楽研究会
 Summer Concert 2009
平成21年 7月12日(日)
15時開演
伊勢原市民文化会館
無料
HP

~Ⅰ部 クラッシックステージ~
ファンファーレ「若雉子は大空高く舞いて」
シー・オブ・ウィズダム~知恵を持つ海~
16世紀のシャンソンによる変奏曲
躍動する魂~吹奏楽のための~
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

~Ⅱ部 チャレンジステージ~
ブラックライト音楽劇「不思議の国のアリス」
Afta-Stuba!
PoppoPoppo《はとポッポの世界旅行!》

~Ⅲ部 ポップスステージ~
ラ・パロマ~情熱のラテン~
マンボ・ジャンボ
ビギン・ザ・ビギン
ボサノヴァの涼風
魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン

アンコール
Air for Wind
ティコティコ


う~む、
なんだかあまり感想が書いてないなぁ。

「16世紀」はバランスが良くないかな。
Tomは聴こえなくて、金管がうるさめだったな。

ブラックライトは演出が貧弱だなぁ。
やるならもう少しなんとかしてちょうだい。

む~、
これだけか。
トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイモン&ガーファンクル

サイモン&ガーファンクル
平成21年 7月10日(金)
19時開演
東京ドーム
S席13000円~


最後の来日になるんですかねぇ?
前回観たのは15年前、同じく東京ドームだったなぁ。
あの時は息子がお腹の中にいたんだよなぁ。
その息子は中学3年生、15年ってのは長いもんだな。

曲目とかはいろんな人が書いてるので探してね。

席はアリーナの右端で、ステージが良く見えなかったけど、
まあ、そんなもんだな。

サイモンにはもう少しきっちりと歌って欲しかったところですが
そういう人なのでしょうがないわな。
いや、しかし、明日へ架ける橋では涙が出ちゃうわな。

ふ~。
すんごく良かったんだけど、
終演後なぜか寂しくなっちゃったわ。
なぜだろうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京音楽大学シンフォニックウインドアンサンブル

2009年度東京音楽大学
シンフォニックウインドアンサンブル
平成21年 7月 9日(木)
18時30分開演
東京芸術劇場
指定1500円

トッカータとフーガニ短調BWV565
ダコタ・ラプソディ
睡蓮の花-マリンバと吹奏楽の為の協奏曲
「ロミオとジュリエット」より

2009年度全日本吹奏楽コンクール課題曲
Ⅰ.16世紀のシャンソンによる変奏曲
Ⅱ.コミカル★パレード
Ⅲ.ネストリアン・モニュメント
Ⅳ.マーチ「青空と太陽」
Ⅴ.躍動する魂~吹奏楽のための
スペイン狂詩曲

アンコール
ルパン三世のテーマ
キャンディード組曲より
 5.Make our gardenv grow
ヒズ・オナー
イスパニア・カーニ
吹奏楽のための組曲
 第1番より“ギャロップ”


ふひ~。
今年も息子たちの部の鑑賞に便乗しました。
席は3階の最前列で見やすかったな。

指揮は加養氏です。
「睡蓮の花」以外は130人ほどでの演奏。
課題曲はやっぱ50人程度で演奏して欲しいなぁ。
諏訪氏以外の課題曲作曲者はお見えだったですね。

まあ、130人ほどでの演奏ですから音が大きいですわ。
やはり個人は凄くうまいですが、協調性に欠ける感じですね。
マーチとか打楽器がずれて聴こえたけど場所のせいかなぁ?

息子はいろいろと参考になったと言っておりますが、
生かせるのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海大学付属相模高等学校吹奏楽部

東海大学相模高等学校吹奏楽部 第43回定期演奏会
平成21年 6月27日(土)
第1公演13時30分開演
ハーモニーホール座間
無料(要整理券)
HP

第1部
喜歌劇「ルーナ夫人」より“ベルリンの風”
ブルガリアンダンス
カンタベリー・コラール
亡き王女のためのバヴァーヌ
歌劇「ソロチンツィーの定期市」より
  導入部、ラドの夢~田舎の若者の夢物語

第2部
FIREBIRDS 2009 "ENDEVOR TO THE EXTREME"
 Summon The Heroes~for Tim Morrison
 “Wicked”from musical“Wicked”

第3部
ディープ?パープル・メドレー
ブラックライト音楽劇「メリー・ポピンズ」
ティエラ・ロッサ
ハマコイ踊り

アンコール
翼/武満徹 合唱
ミルキーウェイ

客席に入るとプレコンサートで
Fl4アンサンブルをしておりました。
木8でテレプシコーレもやりましたが完成度は低かったわ。

第1部
「ブルガリアン・・・」は35人の演奏だったのでB編成なんでしょうな。
サウンドが汚いくてズレ気味でした。
中間部もなんか気持ち悪かったなぁ。
「カンタベリー・・・」は1年生による演奏。
う~む、こんな下手さが目立つ曲を選曲しなくても・・・。
「亡き王女・・・」のHr、Obは上手いですね。
「ソロチンツィー・・・」はA編もコンクール曲なのかな?
ちょっと、重い感じでキレがないよなぁ。

第2部
う~む、出だしからラッパが気持ち悪いかったぞ。
ガードもなぁ。
合わせようろいう姿勢が見られないよな。
やるんだったらもう少し真面目に取り組んだ方がいいんじゃないかなぁ。

第3部
むむ~。
習志野を見ちゃったから評価が厳しくなっちゃうんだな。
ブラックライトも演奏が大きすぎだよな。
「ハマコイ踊り」からアンコール「ミルキーウェイ」につながる流れは良かったですね。
やっぱ、オリジナルな部分はいいんですよね。

コンクール頑張ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これが吹奏楽だ!

第21回福祉コンサート これが吹奏楽だ!
出演:習志野高校吹奏楽部
平成21年 6月14日(日)
昼の部12時30分開演
習志野文化ホール
A席1500円

~ハンドベル演奏~
第1部
ロックンマーチ
昭和の歌謡ショー
 勝手にしやがれ
 あの鐘を鳴らすのはあなた
 見上げてごらん夜の星を
交響曲第一番「指輪物語」より
 第一楽章「魔法使いガンダルフ」
サンサン体操~アンパンマン体操
バレエ組曲「シバの女王ベルキス」より
 暁の踊り、狂宴の踊り

第2部
ブラックライト音楽劇「サーカス」
ステージマーチングショー
 ~ヤッターマン、ワンツー、サザエさん~
パートアンサンブル
合唱 童謡メドレー「いつの日か」より
 しゃぼん玉~証城寺の狸囃子~どんぐりころころ
合唱奏「瞳そらさずに」
ビッグバンド「氷雨」
Shining Review2009
 ~スリラー、つなみ、マンボ、コサックダンス、フラメンコ、
    ゴールドフィンガー'99、この素晴らしき世界、ビューティフルサンデー~

アンコール
きらっとサンバ


習高凄い。
の一語に尽きますわ。
「ロックンマーチ」は1年生による演奏。
やっぱ1年生、もっさりとした演奏だったな。
「昭和の歌謡ショー」は2年生による演奏。
歌付きでございました。
「指輪物語」は3年生による演奏。
さすがですねぇ。
「シバの女王・・・」はバンダだらけで圧倒されたねぇ。

曲間や場面転換でアンサンブルや寸劇をやったりして
とにかく客を楽しませる。という姿勢で、もう感動的ですらあります。

ブラックライト音楽劇は今まで見た中で一番良かったなぁ。
ブラックライトを生かした演出をよく考えてますね。
ステージマーチングは非常に上手いです。演奏が。
ドリルは標準的なレベルだと思いますが、
座奏と変わらないクオリティーの演奏ですね。
サザエさんではドリルの前面で寸劇をしたりと、
もう演出てんこもりです。
しかも、楽しい。

合唱 童謡メドレーは全員で、
合唱奏は弦も登場。
さすがに弦は上手くないですがね。
「Shining・・・」は音楽劇。
凄い。しか言いようがないなぁ。
主役?の女子は非常に上手かったな。
演劇部かと思っちゃうよな。
とにかく演出のクオリティーが高いよな。
もう、お口あんぐり。でした。

最後は
きらっとサンバで締めくくり。
全員が会場に展開して、客と一体となって踊っておりました。

いやあ、ほんと凄い演奏会だったなぁ。

思わず習志野に引っ越して息子を入学させようかと思っちゃいましたよ。

また行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸上自衛隊中央音楽隊

陸上自衛隊中央音楽隊
 創隊58周年第127回定期演奏会
平成21年 6月13日(土)
14時30分開演
東京芸術劇場
無料(要申込)

第1部
国家「君が代」
行進曲「剣士の入場」
バレエ音楽「お嬢さん女中」より
 Ⅰ.イントロダクション
 Ⅱ.ミミック・レシタティーヴォ
 Ⅲ.サラバンド
 Ⅳ.ファランドール
 Ⅵ.フリカッセ
シンフォニエッタ
 Ⅰ.アレグレット
 Ⅱ.アンダンテ
 Ⅲ.モデラート
 Ⅳ.アレグレット
 Ⅴ.アンダンテ・コン・モート~アレグロ

第2部
ジュビリー・オーヴァチェア
~クラシック・サクソフォン須川展也の世界~
シナモン・コンチェルト
 Ⅰ.ザ・ファースト・レーン
 Ⅱ.ザ・ナイト・ホークス
 Ⅲ.ザ・ラズル・ダズル!
シーガル
 ~アルト・サクソフォンとバンドのためのバラード
ウードルズ・オブ・ヌードルズ

アンコール
想いのとどく日
行進曲「剣と槍持て」

やっぱ陸上自衛隊中央音楽隊は安定しておりますねぇ。
席が最前列左端といのが残念だったなぁ。
「剣士の入場」では金管が遠くから聞こえる感じだったよな。
バランスよく聞こえるところで聴きたかったわ。

「お嬢さん女中」のHrは凄かったなぁ。

須川氏もバック?が上手くて非常に気持ちよく演奏で来た。と言っておりました。

賛助で去年まで息子たちを教えてくれてた先生が乗ってたりと
びっくりドッキリな演奏会でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »