« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年11月

市立習志野高等学校吹奏楽部

市立習志野高等学校吹奏楽部第47回定期演奏会
平成21年11月28日(土)
16時30分開演(第一公演)
習志野文化ホール
S席1800円

Ob?ビックバンドによる「天城越え」
ハンドベル演奏「Over tha Rainbow」
第1部
ブロックM
イシターの凱旋
交響曲第4番第1楽章/P・I・チャイコフスキー
バレエ音楽「青銅の騎士」より
 元老院広場にて
 エフゲニー
 パラーシャ
 踊りの情景
 偉大なる都市に捧げる賛歌
ジュビリー序曲
組曲「シバの女王ベルキス」より
 Ⅰ.ソロモンの夢
 Ⅱ.ベルキスの暁の踊り
 Ⅲ.狂宴の踊り

第2部
ブラックライト音楽劇
 「眠れる森の美女~Sleeping Beauty~」
ステージマーチングショー
パートアンサンブル
合唱「虹」
合唱奏「大切なもの」
Shining review 2009

アンコール
きらっとサンバ

相変わらず元気な演奏会でした。
例のごとく曲間の場面転換ではアンサンブルなどを挟んで間を開けません。
マーチングもブラックライトもレビューも完成度が高く楽しいですね。
Shining review 2009は今回で3回目ですが、何度見ても楽しいですわ。
演出も演奏も素晴らしいです。
ってことで、感想はいいですね。
皆さんもご覧になって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京藝術大学 定期吹奏楽

東京藝術大学 定期吹奏楽75th
平成21年11月25日(水)
18時30分開演
東京藝術大学 奏楽堂
自由1500円


《幻想交響曲》Op.14より
 第3楽章「野の風景」
 第4楽章「断頭台への行進」
 第5楽章「ワルプルギスの夜の夢」

楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕への前奏曲
トロンボーンと吹奏楽のための協奏曲 変ロ長調
 Trbソロ:田中裕香(学部3年)
祝典前奏曲Op.61
 オルガン:大平健介(修士1年)

アンコール
祝典前奏曲エンディング部再演


いやあ、やっぱ藝大です。
幻想交響曲の出だしのObとE.Hrnの掛けあいから
おったまげちゃいました。
どのパートも凄いですねぇ。
弦バスは7本ということもあって、
普段聴いてる吹奏楽とは全然違って豊かに聴こえてきて
くむ~、これが弦の音だよな。ですね。

Trbソロも女性であの体つきであんなに吹けるんだ。
世の中は広いです。

ラストの祝典前奏曲も圧巻ですね。
オルガンが豊かな響きで調和していてアングリです。
エンディングはさらに圧倒的な響きでやられちゃいました。

アンコールは、その圧倒的なエンディングを再演して終了。
いやあ、今年も凄かった。

プログラム的には打楽器が活躍する曲が欲しかったですが、
来年に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防衛大学校吹奏楽部

防衛大学校吹奏楽部 第45回定期演奏会
平成21年11月21日(土)
14時開演
横須賀市文化会館
無料

君が代
第1部
陸軍分列行進曲
行進曲「軍艦」
空の精鋭
飛翔
スペイン組曲より「GRANADA」
アルメニアン・ダンスPart1

第2部
トランペット吹きの休日
篤姫
ジャパニーズグラフィティー~ウルトラ大行進~
FUNNY SLIDES
組曲 宇宙戦艦ヤマト

アンコール
行進曲「軍艦」のポップスアレンジ


客席は7~8割の入り。
君が代で開幕。
う~む、もう少し上手いと思ってたのですが。
打楽器、金管が特にかな。
マーチ3連発はちょっと厳しかったわ。
全体的に音程が不安定、かつズレズレでした。
「アルメニアン」は崩壊気味。
心配していた「トラ休」は心配的中でした。

まあ、でも爽やかでいい演奏会だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市立戸塚戸塚高校吹奏楽部 文化祭

市立戸塚高等学校吹奏楽部 文化祭
平成21年10月 4日
13時10分開演
市立戸塚高等学校体育館
無料

「もののけ姫」セレクション
アパラチアの春
魔法にかけられて
ハリーポッターと謎のプリンス
スリラー
ディープ・パープル・メドレー

アンコール
ダンシングメガヒッツ2


ふむふむ、
ここはまだ3年生がいるんだなぁ。
いつ引退なのかな?

「もののけ」はB編の曲ですね。
で、「アパラチア」がA編だねぇ。
当日は体育館に早く入りすぎてプログラム貰ってないんだよな。
で、感想を書いてないし、覚えてないです。
申し訳ない。

個人は桜丘の方が上手くて、
合奏は戸塚の方が上手いんだな。
という印象を持った記憶があります。

そんな感じでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園通り オータムコンサート

学園通りオータムコンサート
 市立桜台小学校器楽クラブ
 市立岩崎中学校吹奏楽部
 市立桜丘高等学校吹奏楽部
平成21年10月 3日(土)
14時開演
岩崎中学校アリーナ
無料

桜台小学校器楽クラブ
ルパン三世のテーマ
燃える闘魂
キセキ
BRAZIL
BELIEVE

岩崎中学校吹奏楽部
遥か(GReeeeN)
サザエさん ア・ラ・カルト
負けないで
もののけ姫 セレクション
エル・クンバンチャロ

桜丘高等学校吹奏楽部
天地人~オープニングテーマ
魔法にかけられて
ディープ・パープル・メドレー
アニメヒロインコレクション
魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン

アンコール
木陰の散歩道

桜台小学校器楽クラブ
例年のオータムよりも安定してるな。
年々レベルが上がってる感じです。
Percがしっかり叩けてるのでしまってますね。
キセキはバラバラになっちゃいましたが。
BRAZILもなかなかの雰囲気を出せてました。

岩崎中学校吹奏楽部
顧問が長期休暇をしていたとかで、
当日はいらしてましたが、指揮は振りませんでした。
ということで、全編指揮なしでの演奏。
Obの子が出だしとか締めとかをチョロッと振るくらい。
全体的にソロは上手いですね。
EuphとかA.Saxとか。
Clパートもなかなかいいな。
今年も定期演奏会に行きたいなぁ。
と思ってたのですが、一昨年同様被ってしまいました。
3月29日にミューザ川崎での開催とのことです。

桜丘高等学校吹奏楽部
またまた、文化祭から一週間。
それほど進化は期待してませんでしたが、そんな感じでした。
曲は、新体制からのものと、定演でのもののチャンポンでした。
まだまだ、まとまりに欠ける演奏でした。
ラッパが怪しいよなぁ。頑張ってね。

ウインターコンサートは2月6日の予定だそうです。
前期試験に受かって、息子と一緒に来られたらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市立桜丘高等学校吹奏楽部 文化祭

市立桜丘高等学校吹奏楽部 文化祭
平成21年 9月27日(日)
12時開演
市立桜丘高等学校体育館
無料

天地人
アメリカングラフィティⅩⅨ
ディープパープルメドレー
魅惑のラテンナンバーより マンボイン

アンコール
魔法にかけられて
木陰の散歩道


9月22日に定期演奏会があり、3年生が引退。
新体制になって2回目(前日にも演奏)の本番ですかね。
短い練習期間なので仕方ないですが、全体的に非常に怪しい演奏でした。
Perc、Trpが不安定でしたね。
「ディープパープル…」では学生指揮でしたが、
今年も学生指揮はいいですね。
音が若々しくなります。

「魔法に…」は、流石に?前日はあまりの出来の悪さに演奏しなかった。
ということが肯ける演奏した。
最後は定番の木陰…で終了。

新体制の幕あきはこんなでしたが、
これからどうなっていくのか、
楽しみですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市立桜丘高等学校吹奏楽部第36回定期演奏会

市立桜丘高等学校吹奏楽部 第36回定期演奏会
平成21年 9月22日(火・祝)
17時30分開演
横浜みなとみらいホール
A席500円


第Ⅰ部
コンサート・プレリュード
カドリーユ
巴里の幻影

第Ⅱ部
マーチ「青空と太陽」
バレエ音楽「三角帽子」より
 粉屋の踊り、終幕の踊り
交響詩「フィンランディア」

第Ⅲ部 
《ドリルステージ》
SAHARA DREAM (パーカッション・カラーガード)
JESUS Christ Superstar (ドリルメンバー)
 Heaven On Their Minds/Superstar
 Everything’s Alright/Hosanna/This Jesus Must Die
             /I Don’t Know How To Love Him
 John Nineteen:Forty-One/Superstar
《ポップスステージ》学生指揮
テーマ:進花~1人で花びら 5人で桜 みんなで育てる未来への樹~
NBSミレニアム2000「ツァラトゥストラかく語りき~喜びの歌」
アメリカン・グラフィティⅩⅨ
アニメヒロインコレクション~憧れのヒロインたちへ~
September

アンコール
未来へ(合唱)
魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン
木陰の散歩道


第Ⅰ部
「コンサート…」で幕開け。
なんだか指揮者と奏者のコミュニケーションが取れてない演奏だなぁ。
Ⅰ部は全体的に意思の疎通が取れてない感じのしっくりこない演奏でした。
表面を撫ぜてるような感じで、なんだか非常にあっさりしちゃってるんだよな。

第Ⅱ部
「青空と…」は、頭のファンファーレが弱くてヨレヨレ。
テンポ感も良くないなぁ。
「三角帽子」も表情が希薄だよなな。
「ファンランディア」は客演指揮、遠山詠一氏の指揮による演奏。
演奏は一変して表情豊かに。
う~む…
遠山氏はインタビューの答えも豊かで、客席は若干引き気味でしたが…

第Ⅲ部
ドリルステージの出だしはパーカッション&カラーガード。
仕方ないのだろうけど相変わらずパッとしない。
なんで、マーチングにこだわって?毎年やっているのかわかんないなぁ。
ポップスステージは学生指揮で。
うむうむ、
なにやら、明るい感じでさわやかな演奏。
このバンドは指揮者によって演奏がガラッと変わるんだなぁ。

アンコールはキロロの「未来へ」の合唱から。
むひ~、泣けてくるねぇ。
その後の3年生全員でのリレーメッセージは泣けたけど長かったなぁ。
そして、顧問もFlで参加しての演奏。
む~、しかし、顧問はバンドの真ん中でずっと着席でホーンアクションせず。
2階席からは、逆に目立ってたな。
なんだか最後まで、顧問と生徒の融合?が見られなかったなぁ。

ぐむ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »