« マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル | トップページ | 市立桜丘高等学校吹奏楽部 文化祭 »

市立桜丘高等学校吹奏楽部第36回定期演奏会

市立桜丘高等学校吹奏楽部 第36回定期演奏会
平成21年 9月22日(火・祝)
17時30分開演
横浜みなとみらいホール
A席500円


第Ⅰ部
コンサート・プレリュード
カドリーユ
巴里の幻影

第Ⅱ部
マーチ「青空と太陽」
バレエ音楽「三角帽子」より
 粉屋の踊り、終幕の踊り
交響詩「フィンランディア」

第Ⅲ部 
《ドリルステージ》
SAHARA DREAM (パーカッション・カラーガード)
JESUS Christ Superstar (ドリルメンバー)
 Heaven On Their Minds/Superstar
 Everything’s Alright/Hosanna/This Jesus Must Die
             /I Don’t Know How To Love Him
 John Nineteen:Forty-One/Superstar
《ポップスステージ》学生指揮
テーマ:進花~1人で花びら 5人で桜 みんなで育てる未来への樹~
NBSミレニアム2000「ツァラトゥストラかく語りき~喜びの歌」
アメリカン・グラフィティⅩⅨ
アニメヒロインコレクション~憧れのヒロインたちへ~
September

アンコール
未来へ(合唱)
魅惑のラテン・ナンバーより マンボ・イン
木陰の散歩道


第Ⅰ部
「コンサート…」で幕開け。
なんだか指揮者と奏者のコミュニケーションが取れてない演奏だなぁ。
Ⅰ部は全体的に意思の疎通が取れてない感じのしっくりこない演奏でした。
表面を撫ぜてるような感じで、なんだか非常にあっさりしちゃってるんだよな。

第Ⅱ部
「青空と…」は、頭のファンファーレが弱くてヨレヨレ。
テンポ感も良くないなぁ。
「三角帽子」も表情が希薄だよなな。
「ファンランディア」は客演指揮、遠山詠一氏の指揮による演奏。
演奏は一変して表情豊かに。
う~む…
遠山氏はインタビューの答えも豊かで、客席は若干引き気味でしたが…

第Ⅲ部
ドリルステージの出だしはパーカッション&カラーガード。
仕方ないのだろうけど相変わらずパッとしない。
なんで、マーチングにこだわって?毎年やっているのかわかんないなぁ。
ポップスステージは学生指揮で。
うむうむ、
なにやら、明るい感じでさわやかな演奏。
このバンドは指揮者によって演奏がガラッと変わるんだなぁ。

アンコールはキロロの「未来へ」の合唱から。
むひ~、泣けてくるねぇ。
その後の3年生全員でのリレーメッセージは泣けたけど長かったなぁ。
そして、顧問もFlで参加しての演奏。
む~、しかし、顧問はバンドの真ん中でずっと着席でホーンアクションせず。
2階席からは、逆に目立ってたな。
なんだか最後まで、顧問と生徒の融合?が見られなかったなぁ。

ぐむ~。

|

« マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル | トップページ | 市立桜丘高等学校吹奏楽部 文化祭 »

高等学校吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519810/32186974

この記事へのトラックバック一覧です: 市立桜丘高等学校吹奏楽部第36回定期演奏会:

« マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル | トップページ | 市立桜丘高等学校吹奏楽部 文化祭 »