« 学園通りオータムコンサート | トップページ | 神奈川県立柏陽高等学校吹奏楽部 »

第30回神奈川県マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル

第30回神奈川県マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル
平成22年10月 3日(日)
10時開演
横浜アリーナ
自由一般前売3000円

参加団体・結果はこちら


例年通り一人での観戦です。
一日で、マーチング、バトン、ポンポンと見られて楽しいのですが
その分時間が長くて尻が痛くなります。
今年の最大のトピックは綾北中学が中学部門から一般部門に変更したことですね。
昨年招待演奏したKINNICK HIGH SCHOOLのコンクール参加なんてのもありますね。
日大高中もマーチング高校部門で復活ですね。

マーチングバンド
小学生の部 16団体中11団体が関東大会へ
小坪小はタカナシ賞で復活ってところでしょうか。
以前の可愛いバンドから力強いバンドに転身ですね。
個人的には市長賞の太尾小よりも下野庭小、中田小の方が好みだな。
特に下野庭のドリルは凄いわ。

中学生の部 5団体中5団体が関東大会へ
稜北中が抜けて潮田中の独り舞台かと思いきや、座間少女が確実に力を付けてきています。

高等学校の部 6団体中4団体が関東大会へ
日大高中、KINNICKの2団体が増えて6団体の参加。
レベルの高い部門なので増えた2団体が代表になるのは大変だわな。
湘南台はやはりさすがですが、ドリルがちょっとさみしく感じたかな。

一般の部 5団体中4団体が関東大会へ
稜北の転入もあり盛り上がりました。
稜北伝統?のドラマラスな構成。今年は三国志でした。
個人的にはマーチングとしては好みではありませんが
素晴らしいエンターテイメントですね。
今年のロビンスはラベルメドレーでした。
いやしかし、すごいドリルだったなぁ。
スカウツ、インスパもいいですね。

各部で全国バンドが見られて神奈川大会は贅沢ですな。


バトントワーリング部門
CanCanは相変わらず可愛いですなぁ。
BRIGHTSはさすがですね。ちょっと抜けてるかな。
杉浦さんとこは趣向を変えてきたのかな?
出演者も例年より低年齢のような。完成度も例年より低いです。
反面、鶴見がバッチリ決まってました。


招待演技の立命館バトン、さすが世界大会優勝という演技でした。
最後はお馴染みの神奈川県警のマーチングで長い一日が終わりました。

|

« 学園通りオータムコンサート | トップページ | 神奈川県立柏陽高等学校吹奏楽部 »

その他音楽」カテゴリの記事

コメント

県大会のコメント、今見つけました。バトンの感想もあるんですね。私はマーチングを主に見ているので、余力がある時じゃないとバトンに集中できません。(おばさんなので目はショボショボ…五感総動員?で長丁場の県大会は正直疲れます)でも見ていますと、表現するという点でとても勉強になります。
先輩バンドのロビンズさん、スカウツさん共に人数少なめな印象で、大音量は出さずきれいな音に抑えてきたなぁと感じました。サークルさんは、今年も表現の難しいテーマ設定でしたね。自分の子供のバンドはなかなか冷静に見れません 早くも次週関東大会です

投稿: ゆいのママ | 2010年11月 6日 (土) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第30回神奈川県マーチングバンド・バトントワーリングフェスティバル:

« 学園通りオータムコンサート | トップページ | 神奈川県立柏陽高等学校吹奏楽部 »