« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

神奈川県アンサンブルコンテスト 中学校の部

神奈川県アンサンブルコンテスト 中学校の部
平成22年12月19日(日)
10時開演
茅ヶ崎市民文化会館
自由1000円

参加団体及び結果→「h22.pdf」をダウンロード


会場には9時前に到着。
当日券購入の列が4~50名程度できておりました。

当日券は昼過ぎでも販売してましたので朝早くから並ぶ必要は無いみたいですね。

当家はチケットを持っていたので、開館前の扉付近でウロウロ。
9時少し前に守衛さんが中に入れてくれました。
チケット購入の列はまだ外のまま、会館内は無人で暇なので
コーヒーでも飲むか。と、自販機で購入。
すると、当たった。
本日幸先良し。です。

いつものように審査員席横に陣取っての観戦です。
横浜本選から1ヶ月あったので、どの団体も上手くなっております。

え~と、この日は、当家年に1度のシェーキーズの日でして、
プログラムの関係上、昼休みには行けなくてSaxの時に行きました。
と言うことで今回はSaxを聴いていません。

さてさて、感想です。金賞を中心に。
まずは打楽器、打楽器からは代表は出ませんでしたね。
原、打7:金
緊張感が出てきて良くなりましたね。
ひょっとしたら代表か?と思いましたが残念です。
南下浦、打4:金
Vibにもう少し表情が欲しかったです。
高倉、打3:金
もう少し緊張感が出たらなぁ。
希望ヶ丘、打3:銅
Gloのトレモロが気になりますが、良くなってなぁ。
銅はないと思ったけどなぁ。

金管。
万騎が原、金打8:銀
出だしのつまずきを修正できずに終わっちゃった感じ。
堅かったなぁ。
田奈、金8:金
力強くていい演奏。
代表本命と予想。まさにそういう演奏と思いましたが…
本郷、金8:金・代表
Tp華やかでいいですね。
なんか、上手くまとまっちゃってて、
アピールポイントというかインパクトが欲しいかなぁ。

管楽。
万騎が原、管打8:金・代表
アンサンブル力は素晴らしいですね。Hrいいです。
全体的にダブルリードの音色が気になります。

木管。
本郷、木弦打8:金・代表
大分速くなてました。S.Sax気持ちよさそうに吹いてたなぁ。
伴奏のMariが埋もれちゃうとこがあったなぁ。
速くなったからしっかり叩けないのか?
万騎が原、木打8:金
鍵盤上手くなりましたね。Clがちょっと不安定だったかな。
横浜本選よりは大分心地よくなったな。
厚木市立睦合、木8:金
B.Sax、S.Saxがちょっと出過ぎかな。Cl、Flを消しちゃってる場面が。
中沢、木6:金
動きすぎじゃないかなぁ。
そこまで動かなくてもあわせられると思うけど。

サクソフォン。
すみません、聴いてません。
田奈、Sax弦8と金旭Sax4が代表です。

クラリネッット。
厚木、Cl8:金
Es.Clが不安定だったかな。
南下浦、Cl4:金・代表
まとまったいい演奏。
奈良、Cl4:金・代表
ちょっと単調に感じましたが。

フルート。
浦賀,Fl4:金
低いところがモゴモゴ、しちゃうよなぁ。
厚木、Fl4:金・代表
華やかでしたね。1stがしっかり効いてましたね。
トリの61番目。開始も終了も一際大きな拍手でした。


代表は金管1、管楽1、木管1、Sax2、Cl2、Fl1。
後半にいい点数が出た感じですね。
アンサンブルは出場団体数が多くて接戦になりやすいし、
県大会では審査員が5名で上下カットが無いから
一人一人の点数が大きく順位に響きますね。

さて、次は東関東大会。
出場団体は29だからじっくり聴けるな。
代表になった皆さん、ガンバってね~。
応援に行かせてもらいま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜栄区民吹奏楽団

横浜栄区民吹奏楽団
 Casual Concert 2010
平成22年12月12日(日)
14時開演
栄公会堂
無料


第1部
夢のような庭
森のくまさん、スーザに出会った
ロス・ロイ

第2部
ディープ・パープル・メドレー
アイ・ウィル・フォロー・ヒム
 ~「天使にラブソングを」より~
グレン・ミラー・メドレー
トゥモロー バンドとコーラスのための
 ~ミュージカル「アニー」より~
ど演歌エキスプレス第一番

アンコール
たしかAKB48の曲
ジングルベル


ふむ~
満員だったなぁ。

第1部
「夢のような庭」金管中音部頑張っててなかなか良かったな。
「森の…」ふむふむ。金管頑張ってるね。
「ロス…」ふ~む。Clファイトだな。
Obの音色がなぁ。楽器かな?

第2部
パート毎のテーマ衣装で登場。
指揮者はちょっとカジュアル過ぎ?では?
靴は…
う~ん、構成メンバーも若目だし、普通?はポップスの方がいい感じのはずだが…
極端な練習不足なのか?合わせてない感満載でした。
「ディープ…」いやあ、ノレてないぞ~。一体感がまるでないぞん。
B.Saxはいいな。
曲間でパート&衣装紹介。
「アイ・ウィル…」気が付いたら終わってた。
なぜシスターとともにマイケル・ジャクソンが出て来たのかは不明でした。
「グレン…」ちょっと遅い感じで、イラっと来た。(by家内)
「トゥモロー…」合唱は秋葉中学吹奏楽部の皆さん。
やっぱ、合唱はいいね。
被せ被せのインタビューの答えも面白かったぞ。
「ど演歌…」いやあ、2部の真髄?でした。
寸劇も演奏もグダグダで非常に楽しかった。

アンコール
きっとAKB、なんていう曲だったかなぁ?
ジングルベルで季節感を出して終了。


う~む、
今回もそこそこ良く喋った指揮者でしたが、
それにもまして司会の二人もよくしゃべってたなぁ。
そのうち「さだまさし」のコンサートみたいに喋り主体になるのかな?

指揮者が「良くしゃべる指揮者ってブログに書いてる人、どこにいますか?」
的なことをいいまして、思わず手を挙げそうになりました。

来年の定演は6月5日鎌芸で、
再来年の定演(5月3日って言ってたかな?)はミューザ川崎だそうです。
なにやらパイプオルガンも使う予定だそうです。

楽しみに待つとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »