« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

東京藝大ウィンドオーケストラ

東京藝大ウィンドオーケストラ
藝大定期吹奏楽 第77回演奏会
平成23年11月23日(水・祝)
14時開演
東京藝術大学奏楽堂
自由1500円


オリンピック・スピリット
エスプリ・ドュ・ジャポン
 ~赤とんぼ、江戸の子守歌、ずいずいずっころばし/平野公崇
モンタニャールの詩
-休憩-
サクソフォーン専攻生によるアンサンブル
 サクソフォーン四重奏曲第一番作品53第2,4楽章/ジャン=バティスト・サンジュレー
 ソナタ作品19第2,3楽章/ポール・クレストン/本堂誠
「ばらの騎士」組曲

アンコール
ポルカ「雷鳴と稲妻」
ブロックM


う~ん、凄い。
今年は例年にも増して凄かったな。
ゆとりのある金管ってのはいいよなぁ。
出だしのファンファーレ奇麗だなぁ。
個人的には本日の目玉は2曲目ですわ。
委嘱初演とのことです。
「赤とんぼ」では豊かで美しいハーモニーを
「江戸の子守歌」では、コンサートバンドとジャズアンサンブルの対比を
「ずいずい…」では、打楽器アンサンブルを核とした圧巻の演奏を
いやあ、楽しませて頂きました。
「モンタニャールの詩」リコーダーは持ち替えじゃなくて、
古楽科3名+院卒による演奏でした。

サックスは毎年凄いよな。
音色がちがうよね。
ソナタは23人による演奏でした。ミラクルです。

アンコールはお馴染みの「雷鳴と稲妻」
そして、「ブロックM」
いやあ、格好良かったぁ。

ふ~、来年が待ち遠しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦学苑高等学校吹奏楽部

創部40周年記念
三浦学苑高等学校吹奏楽部第40回定期演奏会
平成23年11月19日(土)
18時開演
よこすか芸術劇場
自由500円


第1部
フローレンティナマーチ
「薔薇戦争」より戦場にて
セルゲイ・モンタージュ
音画Ⅰ(第40回定期演奏会委嘱作品)/藤代敏裕
貴歌劇「チャルダッシュの女王」セレクション

第2部
リンゴの唄
懐かしき昭和の歌
ブロードウェイミュージカル「ザ・ミュージックマン」よりハイライト
海景~Seascape~
交響詩「フィンランディア」(合唱付)

第3部
AKBメドレー
Stand Alone-NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」より-
塔の上のラプンツェル・メドレー
マル・マル・モリ・モリ!
パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー

アンコール
ふるさと
We are The World
宝島


いやあ、凄い嵐だったなぁ。
屋根の無いところは並べないってことで
開場が20分早まりました。

さて、例年は平日開催ですが、40周年記念ということで
土曜日開催になったようです。
ということで、やっと行けました。
初鑑賞です。
残す有力どころは隼人だな。

第1部
「フローレン…」in横浜でも聴きましたが、
中音域がなかなか豊かでいいけど、
ちょっと一本調子の感が…
「「薔薇戦争」今年の課題曲ですね。
もう少しカッコイイ曲だと思うな。もっと表現してもいいのでは。
「セルゲイ…」全体的なんですが、表現の変化に乏しいかな。
「音画」卒業生の藤代氏の作曲です。ご自身もピアノで参加。
「チャルダッシュ…」これもin横浜で聴いたけど、
全体的に音色は良いけど、一色なんだよな。
曲が変わっても雰囲気が変わらないんだよな。
配置転換を司会者等の話で繋いでたのはいいですね。

第2部
OBステージです。
指揮は前顧問、現校長の下里先生です。
15年ぶりの指揮だそうです。
「リンゴの唄」うむ、現役よりも楽しそうな音です。
「懐かしき…」会場のお年寄り向けの選曲だそうです。
「ザ・ミュージックマン」音色は濁ってますが、伝わります。
「海景」昔は少なかった吹奏楽オリジナル曲とのことです。
「フィンランディア」現役による合唱付き。合唱が来ないよ。

第3部
「AKB…」これといった演出無し。OB君が「AKB~」って発声したくらいかな。
え~と、もう少し演出があるのかと思ってましたが、
これと言ったものは無かったな。
司会の楽曲に対する説明が長いな。
部長の言葉も、果たして自分で考えたものなのか、
平易で無難過ぎな感じでした。

アンコール
「We…」でルミカライトを配ったのだけど、演奏終了後に上階から投げ入れるヤツ多数。
来年からは配るのを止めた方がいいな。
「宝島」が十八番なのかな?

なんだか、とっても酷評になっちゃったなぁ。
音色はいいし、真面目で纏まってていい演奏会なんだけど、
大人しすぎるのかなぁ?
パンチ力というかアピール力というか、自主性というか、
そういった物が伝わって来ないんだよなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

全日本高等学校吹奏楽大会in横浜

第13回全日本高等学校吹奏楽大会in横浜
第2日目:平成23年11月13日(日)
9時30分開演
横浜みなとみらいホール
前売2500円(座席当日指定)


え~と、2日目は私は行ってません。
が、息子が行っておりまして、前半の方はプログラムに
感想が書いてあるので勝手に載っけてみます。
きたなくて文字の判読が困難な為に、推測の部分もあります。
また、感想は打楽器について、のようです。


玉川学園高等部
・行進曲「キャプテン・ジェネラル」
・I HEAR HIM!
・FANTASMIC!
効果音的な打楽器が難しそう。表現力が欲しい。
offstageかっこいい。
Tomノリ欲しい。

尼崎市立尼崎高等学校
・ウェリントンマーチ
・交響詩「ローマの祭り」より主顕祭
・宝島
S.D低い。全体的に腕が棒。タイミングはいいが表情無さ過ぎ。
Xyloあさい。力の入れ方が上手くない。祭りの風景なし。

北海道旭川農業高等学校
・バイエルン分列行進曲
・恋のカーニバル
・天空の城ラピュタより「君をのせて」
xyloのマレットはわざと?
Timpはそんなに肘をはってるとコントロール出来ないと思います。
破壊的なB.D
サンバの裏拍が下手。

浜松市立高等学校
・行進曲「ボギー大佐」
・バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲より夜明け、全員の踊り
・ピーター・ガン~ヘンリー・マンシーニ・メドレー
いい感じのS.Dのダブルキャスト。が、ロールが…、なんかそと叩いてる。
ピヨピヨ(おそらく夜明けの部分)が上手い。
Tambガンバってください。
衣装カッコイイ。空気づくりが上手い。

北陸学園北陸高等学校
・ツェッペリン伯爵
・太陽への賛歌-大地の鼓動
・今夜はブギー・ナイト
マーチらしいクレッシェント。手首がちょっと…
良いアンサンブル。もっとキメどころ出す。

秋田県立新屋高等学校
・アルセナール
・ユー・レイズ・ミー・アップ
・コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー
装飾ためない。
曲の割りにカタい。
バンドとアンサンブルの違いがあまりない。
(もっと書いてあるけど全然読めない。)

駒澤大学高等学校
・ハイデクスブルグ万歳
・ふるさと
・AKB48メドレー
打と管のせめ方が(と読めます)
素晴らしい編曲
アイドルらしさ

埼玉県立伊奈学園総合高等学校
・ベルギー落下傘兵行進曲
・「ライオンキング」より
・オーメンズ・オブ・ラブ
ロールが好きじゃない。皮のチューニングばっちり。
いろんな太鼓の音色の溶け込ませ方が良い。

愛知県立名古屋南高等学校
・双頭の鷲の旗の下に
・エル・カミーノ・レアル
・タイプライター
一体感が素晴らしい。まとまってる。
クレッシェントが不自然。打楽器ガンバって。

聖和学園高等学校
・「3・11東日本大震災の記憶~キミの分まで、生きていくよ~」
 神の啓示と大殺戮、世界の終わりの始まりに向かって
・弦楽のためのアダージョ 作品11
・「GR」より、明日への希望
・行進曲「威風堂々」第1番
・Got to be real
楽器の振動を殺さないロールが良い。

福井県立武生商業高等学校
・アンパリト・ロカ
・エスカペイド
・ラヴ・ピース・アンダー・ザ・グルーヴ
細かい音も明確に聞こえる打。openロール良い感じ。
(あ~、読めない)
腕は使ってるが○○が動かん。

静岡市立清水商業高等学校
・ベルギー落下傘兵行進曲
・石の刻印
・アフター・ザ・ラブ・ハズ・ゴーン
・September
・港かっぽれ
コメント書いてありません。

足柄工業大学附属高等学校
・ハイデックスブルグ万歳
・ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲
・レッツ ミュージック
コメント書いてありません。

八王子高等学校
・エスパナ・カーニ
・タランテラ(本邦初演)
・マンボ・ジャンボ
・見上げてごらん夜の星を
S.Dとカスタが難しいリズムのびのびと出来てる。
パサパサかん良い感じ。Cymもっとのる。
Tamb良い感じ。力の入り具合かスピード出せてる。

江の川学園石見智翠館高等学校
・バレエ音楽「中国の不思議な役人」より
・ウィーンはいつもウィーン
・吹奏楽のための石見神楽「塵輪」より
コメント書いてありません。

東海大学付属高輪台高等学校
・旧友
・スライダーズ・ミックス
・組曲「東海岸の風景画」より
コメント書いてありません。
が帰宅時に、何処が良かった?と聴いたら
高輪台の「イーストコース」が凄かった。
と言っておりました。

千葉県立幕張総合高等学校
・紺碧の波濤
・ラデツキー行進曲
・アラジン
コメント書いてありません。

東京都立片倉高等学校
・行進曲「サンブル・エ・ミューズ連隊」
・管弦楽のための交響曲より
・また逢う日まで
コメント書いてありません。

埼玉栄高等学校
・風変わりな少佐
・瑜伽行中観~吾妻鏡異聞~
コメント書いてありません。

東京都立杉並高等学校
・剣士の入場
・楽劇「ばらの騎士」組曲
・ザッツSUGINAMIテインメント~This Is Best~
コメント書いてありません。

柏市立柏高等学校
・かっぽれ侫武夛
・トイレの神様
・ウィーンはいつもウィーン
コメント書いてありません。

え~、こんな感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本高等学校吹奏楽大会in横浜

第13回全国高等学校吹奏楽大会in横浜
第1日目:平成23年11月12日(土)
9時30分開演
横浜みなとみらいホール
前売2500円(座席当日指定)


いろいろと忙しくてアンコンも観戦に行けておりません。
ふ~。です。

今年の課題曲は「ヨーロッパのマーチ」ですと。
ではでは、

群馬県立前橋商業高等学校
・アーセナル
・バレエ音楽「青銅の騎士」より
・ディスコキッド
重たい出だしだったぞん。
進行につれ良くなってきたけどもっと元気が欲しいなぁ。

埼玉県立越谷西高等学校
・コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディ
・ボギー大佐
・チキン
ステージ上手にジャズ隊を置き格好いい。
が、もっとスイングが…。コンサートバンドとの対比が欲しいなぁ。
マーチは落ち着いたいい演奏でした。

洛南高等学校
・ヴァルドレス
・バレエ音楽 ロミオとジュリエットから
・テイク・ファイブ
なにわのアンコールの曲だな。
統制のとれたいいマーチでした。
男子校の伝統を受け継いだ?バトンダンス良かったな。

大成女子高等学校
・後甲板にて
・ディオニソスの祭
・Taisei Hit Song Collection 2
金管ガンバだ~

三重県立白子高等学校
・アルセナール
・コパカバーナ
・宇宙戦艦ヤマト
・威風堂々 Brass Rock
う~ん、一本調子だな。
S.Dキレが欲しいぞん。

出水学園出水中央高等学校
・アルセナール
・民族舞踏
・三つのジャポニズム
ズルズルっとした出だし。
民族舞踏の踊りはGoodですね。
三ジャポはちょいとばらけちゃったな。

栃木県立宇都宮北高等学校
・行進曲「勝利の父」
・バレエ音楽「くるみ割り人形」より
うむうむ、これが宇北伝統?の音楽劇?なのか?

横浜市立桜丘高等学校
・ロレーヌ行進曲
・エル・カミノ・レアル
・ブラボーブラス!
ふむ~、人数が減ってスッキリしてきていいかな。
でも覇気が無いなぁ。

秋草学園高等学校
・マードックからの最後の手紙(特別版)
・結婚行進曲
・マンボ・ジャンボ
すみません聴いておりません。

千葉県立成田国際高等学校
・剣士の入場(雷鳴と稲妻)
・ペドロの奇跡の夜
・ダンシメガヒッツ
すみません聴いておりません。

横浜創英中学・高等学校
・ラデツキー行進曲
・エルザの大聖堂への行列
・フーテナニー
やっぱ、全国バンドですな。

岩手県立盛岡第二高等学校
・連帯の子供達
・組曲「薔薇戦争」
・マンボNo.8
薔薇戦争は未出版の部分ですと。
1,2曲目は、う~ん、下品だなぁ。と聴いておりましたが
3曲目へのプロローグだったんだな。
伝統の気持ち悪いダンス。本日の1等賞です。
定演に行きたくなりました。

静岡県立沼津商業高等学校
・Solinger Schutzenmarsch-Marschfur Blasorchester
・ウィークエンド・イン・ニューヨーク
・あの鐘をならすのはあなた
実直な歌声いいです。

潤徳女子高等学校
・双頭の鷲の旗の下に
・ヘラクレスの塔
・グループ de Go! Vol.6~横浜ヴァージョン~
う~ん、なんだかずいぶん思い切った演奏だったなぁ。

盛岡白百合学園高等学校
・ARSENAL
・ST.Anthony Variations
・空より高く
ピョコピョコとした演奏。
一生懸命さは伝わってきます。

四条畷学園高等学校
・サンブル・エ・ミューズ連隊
・陽はまた昇る
・さいたら節による幻想曲
うるさいけど勢いのあるマーチだな。

飛騨学園高山西高等学校
・宝島
・元禄
・双頭の鷲の旗の下に
元気が欲しいぞん。

愛知工業大学名電高等学校
・双頭の鷲の旗の下に
・シンフォニエッタNo.2 祈りの鐘
・We are The World
まとまったいい演奏だったな。

川崎市立橘高等学校
・双頭の鷲の旗の下に
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
・Mr.イクレディブル
う~ん、カッコイイ。
それにしても管のレベルが上がったなぁ。

浜松海の星高等学校
・行進曲 ヘリオス
・パガニーニ ヴァリエーション
いやあ、出すねぇ。

天理高等学校
・セイント・アンソニー・ヴァリエーション
・ボルサリーノ
・ツェッペリン伯爵行進曲
海の星に続いてホールがグワングワンだぁ。

三浦学苑高等学校
・フローレンティナ マーチ
・喜歌劇「チャルダッシュの女王」セレクション
・宝島
ふむ、なかなか豊かな演奏でした。

ってことで、
この大会はミニ定演の様相もあり
毎年楽しいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »